1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ ルーフィング(屋根下地防水紙)について

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

ルーフィング(屋根下地防水紙)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)とは

屋根下地防水材は、野地板もしくは構造用合板の上に敷きこむ防水シートです。
「防水シート」や「ルーフィング」とも呼ばれています。

皆さんが住む住宅はもちろん様々な建築物に施工し使われていますされています。

雨水は屋根材だけで防いでいると思われがちですし、実際に屋根材も雨水を防いではいますが、風雨の吹き込みや多雨時の屋根材勘合部からの水の吸い込みは屋根材だけでは防げません。
また、知らない間に発生する屋根材の割れやズレなども考慮し、雨水は必ず屋根材の下に入り込むと考える必要があります。

そのため、屋根下地防水紙は「2次防水」と呼ばれ、建築瑕疵においては、実は屋根材よりも重要な個所です。

ルーフィングには様々な材質、価格の商品が市場にあり施工する場所によって使い分けを行います。
下地防水紙の種類は大きく分けて「アスファルトルーフィング」と「透湿ルーフィング」に分かれます。

 

アスファルトルーフィングとは

アスファルトルーフィングとは

アスファルトルーフィングは、アスファルト層を貫通した釘・ビス穴が紫外線の熱でアスフアルトに密着し、隙間をなくす事で防水する仕組みになっています。
仕上げの屋根材を屋根の野地板や構造用合板に釘・ビス止めする際に、その釘・ビス穴から雨水が野地板や構造用合板に入り込まないように敷き込みます。
日本の屋根ではほとんどの防水シートが、こちらのアスファルトルーフィングを使用しています

またアスファルトルーフィングには改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)というものがあります。

一般的なアスファルトルーフィングの性能を強化し優れた耐久性、防水性を持ちます。ゴム性で粘着タイプの商品もあり張り付けるだけで施工が可能な面も大きなメリットですね。コストパフォーマンスに優れた優秀な建材です。

 

透湿ルーフィングとは

 透湿ルーフィングとは

透湿ルーフィングは、素材がポリエチレン製不繊布でできているモノが多いです。
日本での使用は珍しく、アメリカやヨーロッパでは高い普及率を誇っています。
屋根の下地より下の構造内に滞留した水蒸気を、屋根下地に排気させる機能を持ちます
しっかりとした水蒸気の廃棄導線を確保しないと、結露面が屋根材裏面に移動するだけなので、きちんとした通気計画が必要になります。

 

ルーフィングの劣化について

ルーフィングも年月が経つと劣化をしていまいます。耐久性も商品や環境によりさまざまで最適なタイミングで張替えを行う事で雨漏りを防ぐことができます。

破れや裂けが起こるとその部分から雨水が侵入し雨漏りにつながります。

 

まとめ

今回はルーフィングについてご説明しました。普段屋根の下に設置してあり見ることができないものですが雨漏りを防ぎ家を守る大きな役割を担っている商品です。種類も様々あるので屋根工事の際にルーフィングを替える場合は業者に何を使うか聞いてみるのもよいでしょう。

 

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

スレート屋根の葺き替えの費用はどれくらいかかるの?

スレート屋根の葺き替えの費用はどれくらいかかるの?

雨漏り修理の見積もりでチェックすべきポイントを徹底解説

雨漏り修理の見積もりでチェックすべきポイントを徹底解説

鉄骨の雨漏りを放置するとどうなるの?

鉄骨の雨漏りを放置するとどうなるの?

雨漏り被害が発生した天井の張り替え費用の相場は?

雨漏り被害が発生した天井の張り替え費用の相場は?

雨漏りは火災保険でどこまで補償されるの?

雨漏りは火災保険でどこまで補償されるの?

天井の雨漏りが原因でカビが!家でできる対処法とは

天井の雨漏りが原因でカビが!家でできる対処法とは

雨漏り修理をコーキングを使って自分でやってみる

雨漏り修理をコーキングを使って自分でやってみる

雨漏りの応急処置に!吸水シートの使い方

雨漏りの応急処置に!吸水シートの使い方

自分でできる?雨漏り修理をDIYでやる際の注意点と使えるアイテム

自分でできる?雨漏り修理をDIYでやる際の注意点と使えるアイテム

雨樋の必要性とは。なぜ取り付ける?

雨樋の必要性とは。なぜ取り付ける?



PAGE TOP