1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 屋根下地防水紙(ルーフィング)について

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)とは

屋根下地防水材は、野地板もしくは構造用合板の上に敷きこむ防水シートです。
「防水シート」や「ルーフィング」とも呼ばれています。

雨水は屋根材だけで防いでいると思われがちですし、実際に屋根材も雨水を防いではいますが、風雨の吹き込みや多雨時の屋根材勘合部からの水の吸い込みは屋根材だけでは防げません。
また、知らない間に発生する屋根材の割れやズレなども考慮し、雨水は必ず屋根材の下に入り込むと考える必要があります。

そのため、屋根下地防水紙は「2次防水」と呼ばれ、建築瑕疵においては、実は屋根材よりも重要な個所です。
下地防水紙の種類は大きく分けて「アスファルトルーフィング」と「透湿ルーフィング」に分かれます。

 

アスファルトルーフィングとは

アスファルトルーフィングとは

アスファルトルーフィングは、アスファルト層を貫通した釘・ビス穴が紫外線の熱でアスフアルトに密着し、隙間をなくす事で防水する仕組みになっています。
仕上げの屋根材を屋根の野地板や構造用合板に釘・ビス止めする際に、その釘・ビス穴から雨水が野地板や構造用合板に入り込まないように敷き込みます。
日本の屋根ではほとんどの防水シートが、こちらのアスファルトルーフィングを使用しています

 

透湿ルーフィングとは

 透湿ルーフィングとは

透湿ルーフィングは、素材がポリエチレン製不繊布でできているモノが多いです。
日本での使用は珍しく、アメリカやヨーロッパでは高い普及率を誇っています。
屋根の下地より下の構造内に滞留した水蒸気を、屋根下地に排気させる機能を持ちます
しっかりとした水蒸気の廃棄導線を確保しないと、結露面が屋根材裏面に移動するだけなので、きちんとした通気計画が必要になります。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

カバー工法で雨漏りを止める

カバー工法で雨漏りを止める

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

雪も雨漏りの原因に!?

雪も雨漏りの原因に!?

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!



PAGE TOP