1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 塗装を塗り替えることで雨漏り修理・雨漏り防止ができるの?

雨漏り修理業者が教える、雨漏り基礎知識

塗装を塗り替えることで雨漏り修理・雨漏り防止ができるの?

塗装を塗り替えることで雨漏り修理・雨漏り防止ができるの?

塗装と雨漏りは修理は一見関係が無いように思われるかもしれません。
たしかに塗装で雨漏りが止まると言われてもピンと来ないかもしれませんね。
もちろん全ての雨漏りが塗装で止まるという訳ではないですが、塗装を塗り替えることで雨漏り修理ができることもあるのです。
ここでは、雨漏り修理と塗装について解説します。

 

塗装の役割は?塗装の劣化が雨漏りの原因になることがある?

塗装の役割は?塗装の劣化が雨漏りの原因になることがある?

塗装の役割は大きく分けて2つあります。
1つはもちろん美観・デザイン面への配慮ですが、もう1つは建物の保護なのです。

塗装によって建物の美観を保つ、デザイン性を持たせるという点についてはことは分かりやすいと思います。
一方で塗装は建物外観に影響するだけでなく、24時間365日紫外線や雨風などに晒されている屋根や外壁材を守る役割を担っているのです。
つまり、塗装の塗膜が劣化してしまうと、塗膜の下にある建材の劣化を早めてしまい、結果として雨漏りが発生する恐れがあるということです。

また、パッと見でわかるものではありませんが、塗装には雨漏りを防ぐ防水効果もあります。
建物への雨水の侵入を防ぐ工程には、1次防水、2次防水と呼ばれる2つの工程があります。
1次防水は屋根表面や壁表面の防水、そして2次防水とは屋根や外壁の下で防水の役目を担っている建材であり、防水シートが該当します。
そして、塗装は1次防水に大きな役割を担っているのです。

塗装を含む1次防水に支障が出ても、すぐに雨漏りが起こるという訳ではありません。
しかし、屋根表面や壁表面で処理しきれない雨水は、屋根や外壁の中へと侵入してしまいます。
降水量が少なければ直ちに雨漏りが起こったりはしませんが、一度に多くの雨が降れば雨漏りが起こるリスクは高くなるのです。

また、ベランダや基礎など建物内のモルタル部分は、塗装が防水の役割を担っていることが多いため、塗装の劣化は雨漏りに直結すると言えるでしょう。

 

塗装で行う雨漏りの修理について

塗装で雨漏り修理が可能な場合というのは、あくまでも2次防水に異常が無いことが前提になり、塗装の劣化や外壁表面のクラック(ヒビ割れ)などが雨漏りの原因と考えられる場合です。
この場合は、下地処理を行って塗装を塗り替えてあげることで雨漏り修理が完了するケースもあります。
ちなみに下地処理とは、クラックがあれば樹脂で埋めたり、コーキングに劣化が見られればコーキングの打ち直しを行ったりする作業です。

そして、下地処理が完了すればその上から塗装を行っていきます。
塗装を行う際は、様々な塗料の中から建材によって最適な塗料を選んでいきますが、塗料の中には弾性が高くてよく伸びるという性質を持った防水性の高い塗料があります。
防水性の高い塗料は普通の塗料よりもクラックを埋める効果が期待できる上、将来的に下地にクラックが入った場合もある程度塗料が伸びてクラックをカバーしてくれます。
ベランダなどの防水塗装にはよく使われる塗料です。
ただし、防水性の高い塗料の耐用年数は5~10年前後とされており、他の塗料よりも耐久年数が短い傾向があるので、塗り替えのタイミングには注意が必要です。

 

塗装の不具合が雨漏りに繋がるケースも!?

雨漏り修理に塗装が有効な場合があるとお伝えしましたが、実は逆に塗装の不具合が次の雨漏りに繋がるというケースもあります。
それは、塗装によって屋根材の下に溜まった雨水が排水されなくなってしまったという場合です。

塗装の不具合が雨漏りに繋がるケースも!?

屋根の場合、屋根材の表面と防水シートの上を雨水が流れることで、適切に雨水は地上へと排水されています。
そして、屋根材は上下に重なり合うように施工されていますが、屋根の勾配の上から下に向かって雨水が排出されるように、上の屋根材の下端が下の屋根材の上端に被るようになっています。
ところが、塗装の際に屋根材の隙間に溜まってしまった塗料によって隙間が塞がれ、雨水の排水を妨げてしまうことがあるのです。
そのため、本来であれば「縁切り」と呼ばれる作業を行い、屋根材の隙間を埋めてしまっている塗膜を除去し、雨水が適切に排水されるように処理します。
雨漏り修理業者や塗装業者にとっては当たり前の作業になりますが、「縁切り」が行われていないとせっかく塗装をしたのに、却って塗装が雨漏りを引き起こす事態となってしまうのです。

 

塗装は雨漏りの予防・早期発見にも有効です!

雨漏り修理と塗装の関係について解説してきました。

塗装で雨漏り修理ができる場合があるというのはお伝えしましたが、定期的に塗装を行うことは建物のメンテナンスの面でも非常に大切です。
特に屋根は普段なかなかじっくり状態を確認することができない箇所でもあります。
適切なタイミングでの適正な塗装の塗り替えが雨漏りを未然に防ぐことに繋がり、同時に雨漏りの早期発見・早期修繕に繋がる場合もあるのです。

都道府県、症状からピッタリの職人をご案内します。

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理業者が教える雨漏り基礎知識

ガレージも雨漏りするの?ガレージの雨漏り修理やメンテナンス方法は?

ガレージも雨漏りするの?ガレージの雨漏り修理やメンテナンス方法は?

雨漏り修理、本当に格安修理業者に依頼して大丈夫?

雨漏り修理、本当に格安修理業者に依頼して大丈夫?

雨漏り修理は大切な固定資産を守ることに繋がります!

雨漏り修理は大切な固定資産を守ることに繋がります!

塗装を塗り替えることで雨漏り修理・雨漏り防止ができるの?

塗装を塗り替えることで雨漏り修理・雨漏り防止ができるの?

雨漏り修理はローンを組んででも早目にやった方が良い!?

雨漏り修理はローンを組んででも早目にやった方が良い!?

雨漏りの原因は屋根ではなく外壁の可能性も?

雨漏りの原因は屋根ではなく外壁の可能性も?

雨漏り修理に関する建築業者と、修理を依頼する際の注意点

雨漏り修理に関する建築業者と、修理を依頼する際の注意点

雨漏り修理に足場はなぜ必要なのかを徹底解説

雨漏り修理に足場はなぜ必要なのかを徹底解説

屋根における縁の下の力持ち『防水シート』

屋根における縁の下の力持ち『防水シート』

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫なの?

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫なの?



PAGE TOP