1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 天窓からの突然の雨漏り!原因と対策は?

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

天窓からの突然の雨漏り!原因と対策は?

天窓からの突然の雨漏り!原因と対策は?

「天窓って雨漏りしやすいんじゃないの?」 

そうお考えの方も多いのではないでしょうか? 

最近の日本の住宅事情として、壁から日光を取り入れるための十分な広さの敷地を確保できないケースが多いです。  

そのため、日光を天井から取り入れようと天窓を設置される方が年々増えています。  

家の中に日光を取り入れることはとても重要ですが、その一方で天窓には雨漏りの心配がついてきます。 屋根に開口部を設ける訳ですから、「雨漏りしそう…」と心配されるのは当然です。 

天窓の設置を検討されている方やすでに設置されている方にとって、天窓について正しい知識を手に入れることは重要です。  

今回は、そんな天窓と雨漏りについて見ていきます。

 

天窓と雨漏りについて

天窓と雨漏りについて

天窓と雨漏りについて解説する前に、天窓について簡単にご説明しておきます。 

天窓とは文字通り、天井部分にある窓のこと。屋根に開口部を設けてガラス窓を施工することになります。 

固定枠で開閉のできないタイプと、手動や電動で開閉ができるタイプがあります。

天窓を設置するメリットは、先ほど紹介した通り家の中に日光を十分取り入れること。 

それにより明るさだけでなく、暖かさで家の中を満たすことができます。 また、家の中から空を見上げることができるのもいいですよね。 

開閉のできるものならば風通しもよくなります。以上が天窓のメリットになります。 

反対にデメリットとしては、直射日光が入ってくることや屋根に開口部を設けることで、夏場に部屋の中の温度が高くなりすぎたり、あるいは冬場に暖房効率が落ちたりすることが挙げられます。 

  

雨漏りの心配 & 原因は? 

そんな住環境を改善するのに有効な天窓ですが、1番の心配は雨漏りかもしれません。天窓に用いられるガラス自体は十分な強度があるため、通常考えられる範囲でモノがぶつかったりしても破損することはありません。 

ただ、屋根自体が雨漏りの可能性が高い上に、その屋根に開口部を設けため残念ながら、雨漏りの可能性はあります。天窓附近から雫が落ちてくることや、天窓附近の天井に濡れたような形跡が見受けられることもありますが、これらも天窓からの雨漏りが原因のことがあります。 

主な原因としては、「施工上の問題」「経年劣化」「メンテンナンス不良」といったものがあげられます。 

  

施工上の問題 

屋根との取り合い部分の雨仕舞いが上手くいっていない場合。防水シートに亀裂や穴、隙間があると、そこから雨水が侵入することがあります。 

経年劣化 

天窓本体や屋根材との接合部分は、コーキングと呼ばれるゴムやシリコンのようなもので隙間を埋める処理をします。ですが、コーキング材は長年、直射日光や風雨に晒されつづけることや温度差などで劣化してきます。 

最初は、柔軟性のあったものがだんだんと固くなっていき、そのまま放置しておくと剥離することがあります。隙間を埋めているものの性能が劣化するのですから、当然、そこから雨水が侵入してきます。 

また天窓の窓枠が木材の場合、経年とともに腐食して雨漏りの原因になる場合もあります。 

メンテナンス不良 

屋根は普段は見ることができないので気づけませんが、土埃や木の葉、ゴミといったものが堆積していきます。そして、天窓附近にそれらが堆積することで雨水の流れを阻害し、雨水が家の中に侵入することがあります。 

しかしながら、天窓やその周りが濡れている場合、結露が原因の場合もあります。雨漏りが疑われるときは、どのような場合にどんな症状が現れるか注意しておきましょう。 

  

天窓からの雨漏りを防ぐには? 

天窓からの雨漏りを防ぐには?

このように天窓からの雨漏りは原因がはっきりとしているため、雨漏りを防ぎ、修理することは可能です。

施工不良の場合は、防水シートの施工等を改めて取り合いの部分の雨仕舞いをしっかりとすることで、雨漏りを防ぐことができます。 

経年劣化が原因の場合は、コーキングを定期的に直すことで雨漏りを予防することができます。また、窓枠や屋根材に腐食が見られる場合は、傷んだ部材を取り換える等の修理が可能です。天窓附近の堆積物が原因の場合についても、定期的な清掃を行うことで雨漏れを防ぐことができます。 

このように、天窓からの雨漏りを防ぐには定期的なメンテナンス等が重要となってきます。しかし多くの場合、自分で点検やメンテナンスをすることは難しいですよね。ですので、定期的に専門業者に点検してもらうのが1番効果的だと言えます。 

 

十分な日射しのある住宅というのは、やはり憧れでもあります。実際に日光を取り入れることには多くのメリットがありますよね。今回見ていただいてように、しっかりとした施工とメンテナンスをすれば雨漏りの可能性はぐっと低くなります。そして、万が一雨漏りがあっても修理は可能です。

せっかくのマイホームでの生活を充実させるためにも、天窓と雨漏りについても知っておいてくださいね。 

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

雨漏りを放置していませんか?恐ろしい二次被害について

雨漏りを放置していませんか?恐ろしい二次被害について

雨漏りしやすい片流れ屋根の特徴と対策方法

雨漏りしやすい片流れ屋根の特徴と対策方法

屋根修理にかかる費用は確定申告で2つの控除対象!さらに他にも減税措置が

屋根修理にかかる費用は確定申告で2つの控除対象!さらに他にも減税措置が

雨漏りの原因を特定できる赤外線サーモグラフィー調査とは

雨漏りの原因を特定できる赤外線サーモグラフィー調査とは

基礎の雨漏りはひび割れが原因!補修方法と費用相場も解説

基礎の雨漏りはひび割れが原因!補修方法と費用相場も解説

住宅の雨漏りは瑕疵担保責任を請求できる?保証範囲や注意点などを解説

住宅の雨漏りは瑕疵担保責任を請求できる?保証範囲や注意点などを解説

ベランダ、バルコニーで起こる雨漏りの危険性と対処方法

ベランダ、バルコニーで起こる雨漏りの危険性と対処方法

天井からのポタポタ音に注意!雨漏りのサインかも

天井からのポタポタ音に注意!雨漏りのサインかも

軒が短い家は雨漏りしやすい?その理由を解説

軒が短い家は雨漏りしやすい?その理由を解説

雨漏り修理に保証はついている?その条件について解説

雨漏り修理に保証はついている?その条件について解説



PAGE TOP