1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

雨漏り修理業者が教える、雨漏り基礎知識

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

屋根材にも色々なものが出てきています。オーソドックスな瓦屋根やスレートと呼ばれセメント系のもの、あるいは金属でできたトタン屋根などがありますが、比較的、最近になって、よく選択されるようになったのがガルバリウム屋根と呼ばれるもので、非常に優れた性能を持つものです。今回は、そんなガルバリウム屋根の特徴やそのメンテナンス等について見ていきます。

 

ガルバリウム屋根とは?

ガルバリウム屋根とは、ガルバリウム鋼板と呼ばれる金属製の材料を用いて葺かれた屋根のことです。ガルバリウム鋼板についてですが、鋼板というのは元々、鉄がベースになって作られた合金で出来ている板のことで、ガルバリウム鋼板とはその上から金属メッキ加工をしたものになります。同じようにメッキが施された材料に、いわゆるトタンというのがありますが、トタンが亜鉛だけでメッキされているのに対して、ガルバリウム鋼板の場合は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という割合でできていて、それがガルバリウム鋼板の特徴に繋がっています。メッキ処理が行われた上から、被膜や塗装が施されることになります。

ガルバリウム屋根の施工は?

ガルバリウム屋根の施工には横葺きと呼ばれるガルバリム鋼板を横に並べていくものや、縦葺きと呼ばれるタテ方向に並べていくもの、そして瓦屋根風に葺いていくものなどがあり、それぞれ、屋根の形状や勾配によって、向き不向きがあります。勾配のない陸屋根と呼ばれるものの場合は、ガルバリウム屋根の施工はできません。

そして、ガルバリウム屋根の施工は、一般的な瓦屋根などを扱う屋根職人とは別の板金職人と呼ばれる人たちによって施工されることが多くなります。やはり、材料によって、加工や仕舞いの方法が違ってくるからです。

ガルバリウムのメリット・デメリットは?

それでは、ガルバリウム屋根のメリット・デメリットについて見ていきます。その多くは最初に紹介したガルバリウム鋼板の持つ特徴によるものです。

耐久性が高い

建築物の材料として鋼板を使う場合、その耐久性を最も脅かすものは、錆びです。そのために色々な表面処理や塗装がなされるわけです。同じような鋼板でもトタンの場合は、錆びるといったイメージがると思います。それに比べると、ガルバリウム鋼板の場合は、錆に強い、錆びにくいというのが大きな特徴です。長い年月、風雨にさらされ、日光を浴び、温度差などの影響もある屋根材では、特にガルバリウム鋼板の持つ特徴は、耐久性を高めるうえで、とても大切なものとなっています。その耐久性は、他の屋根材と比べると、昔ながらの瓦屋根に続くもので、スレート等よりもすぐれています。

薄くて軽量なため耐震性に優れる

建築資材と用いられるバルバリウム鋼板は非常に薄いものです。勿論、それでも十分な強度を有しているのですが、当然、他の屋根材に比べるととても軽量なものです。従って、屋根材に用いた場合にも屋根全体の重量は軽く仕上がります。その結果、建物の上部の重さが軽減され、地震の揺れによって建物に与えるダメージが少なくなります。

耐熱性がある

ガルバリウム鋼板は、被膜や塗装の結果、熱を反射するような性質を持っています。これは、トタン屋根等との違いといってもいいでしょう。

加工しやすく施工性に優れる

薄く軽量なガルバリウム鋼板は、加工が容易なものでもあります。その結果、現場における施工の自由度、しやすさのようなものは他の屋根よりも優れているといえます。

その他にもメンテナンスの必要性が低いことなども大きなメリットということができるでしょう。

次にガルバリム屋根のデメリットについてですが主なものとして、次のようなものがあげられます。

衝撃によって傷やへこみなどがつきやすい

薄い金属の板といっていいガルバリウム鋼板ですから、衝撃等に対しては強くはありません。傷がついたりへこんだりといったことがありえます。

遮音性や断熱性能は劣る

薄い金属でできたガルバリウム屋根は基本的には、トタン屋根と同じように遮音性や断熱性能では他の屋根材に比べて劣ることになります。別に対策をしておく必要があります。

専門の職人による施工が必要

先ほども紹介したように、ガルバリウム屋根の施工は板金職人が行うことになります。他の職人に較べると特殊な職種といってもいい職人さんですから、単価が高くなったりすることもあるかもしれませんし、その施工の良し悪しによっては後々の屋根の性能、寿命に関わってくることもあります。例えば、ガルバリウム鋼板は錆びにくいというお話をしましたが一方では、他の金属に触れると錆びるといった特徴があります。その当たりも含めて、バルバリウム鋼板の性質をよく知る職人による施工が大切になってきます。

ガルバリウム屋根のメンテナンス、補修は?

これまで紹介してきたように、耐久性に優れたガルバリウム屋根ですが、やはり定期的なメンテナンスが必要になってきます。

損傷や錆び等がないかのチェックと補修

薄い金属でできたガルバリウム屋根ですから、何かが飛んできて、ぶつかった際にへこんだり、傷ついたりすることもあります。勿論、台風等の際の強風によって、屋根材が捲れたり、曲がってしまったりすることもあるかもしれません。また、錆びに強いといっても、絶対に錆びないというわけではありません。他の部分の錆びがうつる、いわゆる「もらい錆び」と呼ばれるような現象が起きないとも限りません。定期的なチェックをして、補修・修復をしていくことが大切です。ガルバリウム鋼板の場合は部分的な補修も可能となってきますから、早めに対処することが必要です。

塗装

ガルバリウム鋼板は最終的に塗装で仕上げられています。塗装は見た目だけでなく、それによって内部の鋼板が保護されているわけです。こちらの方も定期的に塗装を行うことで、ガルバリウム屋根の寿命を延ばすことができます。

 

ガルバリウム屋根について見て来ました。そこで使われているガルバリム鋼板は耐久性に優れた非常に使い勝手のいい屋根材で、一見するとメンテナンスフリーなようですが、やはり大切に手をかけることで、屋根を守ることができます。ガルバリウム屋根のおうちにお住まいの方やリフォームや新築をお考えの方も、その性質をよく理解して、ガルバリウム屋根とお付き合いください。

都道府県、症状からピッタリの職人をご案内します。

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理業者が教える雨漏り基礎知識

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

家の大敵、雨漏りの原因は?

家の大敵、雨漏りの原因は?

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理にかかる工事日数

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

寺院の雨漏りに関する豆知識

寺院の雨漏りに関する豆知識

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

新着お客様の声

京都市左京区 P.P様
先ず第一にとても気さくな方です。笑顔がとても素敵です。
こちらのことも色々考えて下さり心強かったです。
愛知県名古屋市 匿名希望様
当社が長谷さんに塗装を依頼し続ける理由は迅速・丁寧はもちろんの事、新しい事への提案・挑戦があり、3年近い付き合いになりますが現在進行形で成長しているのが素晴らしいと思うからです。
京都市右京区 森様
このサイトで高橋さんを紹介してもらいました。
物静かで柔らかな印象の高橋さん、工事の説明もちゃんとして頂きいよいよ工事開始・・・。
福岡県久留米市 K.T様
数年前、違う工務店に手抜き工事されたみたいで気に入らなくて心配していました。
そんな折、このサイトで紹介していただき、今度は真面目な大楠さんにお願いし、丁寧に工事していただきました。
京都府 小出様
とっても親切で誠実な方です。
いつでも電話に出られて、行動力があり、安心して仕事を任せられます。


PAGE TOP