1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ トタン屋根の特徴やメンテナンス

雨漏り修理業者が教える、雨漏り基礎知識

トタン屋根の特徴やメンテナンス

現在、主に用いられている屋根葺き材は、その材料から大きく分けて、3つにわけることができます。昔ながらの焼き物の瓦、そしてセメントなどからできたスレート、あとは金属の板を原料としてものです。そのうち、金属の板を原料としてものとして、現在、最もポピュラーなものはガルバリウム鋼板ですが、以前からよく使われているものにトタン板があります。今でも、寒い地方などを中心にトタン屋根や残っています。今回は、そんなトタン屋根について見ていきます。

 

トタン屋根とは?

トタン屋根とはトタン板で葺かれた屋根のことです。トタン板とは鉄の鋼板に亜鉛メッキを施したものです。最近、よく見かけられるガルバリウ鋼板の場合とは、メッキの種類が異なってきます。施工方法は野地板の上に垂木を渡し、全体を覆うように施工していくことになります。トタン屋根などではよく屋根の垂直方向に向かって棒のような形状の盛り上げりがありますが、あの中にあるのが垂木です。そのため、トタン屋根のことを別名瓦棒と読んだりもします。屋根工事といっても瓦やスレートを葺く職人ではなく、板金職人がすることになります。また、簡易な小屋等によくある金属製の波板を使ったものも、トタン板によるものが多いです。

トタン屋根は主に雪の多い寒冷地で用いられてきました。勿論、金属であるために温度差に強いといこともありますが、雪が大量に屋根に積もる地域では、春にかけて徐々に雪が解けていきます。トタン屋根に代表されるような金属板の屋根の場合は、雪解水が染み込むことはないのですが、スレート屋根等の場合は、隙間に水が染み込んでいきます。そして、それが雨漏りや屋根の劣化に繋がるのです。ですから、ほとんどの水を屋根材の表面で処理することのできるトタン屋根が重宝されてきました。このような理由もあり、トタン屋根は寒冷な雪国で発達してきました。

トタン屋根のメリット、デメリットは?

では、具体的にトタン屋根のメリット、デメリットについて見ていきます。まずは、メリットについてですが次のようなものがあげられます。

軽量であること

まずは、なんと言っても軽量であることがあげられます。建物の上の部分の重量を省くことで耐震性が増します。勿論、構造的にも荷重が減ることになりますから、柱や壁等の主要構造部にかかる負担が少なくなります。先ほど、トタン屋根は雪国でよく見かけるというお話をしましたが、雪が降り積もる地方では、屋根そのものが軽量であることも大きなプラス材料となります。確かに、特に瓦などはそれだけで、相当な重さとなりますものね。

継ぎ目がない

瓦やスレートと違って、トタン屋根は継ぎ目がありません。勿論、屋根全体を1枚の板で葺くわけではないですから、厳密に完全に継ぎ目がないというわけではありませんが、垂木の部分などでうまく処理されています。継ぎ目がないといことは、当然、雨漏りのリスクが少なくなるということです。ほとんどの水を表面で処理してしまえるため、屋根の勾配をあまりとることができない場合でも施工できることができます。瓦やスレートに較べると緩い勾配でも防水性能を保つことができるからです。

材料費等施工に関する費用が安いし、狭い場所でも施工が可能

トタン板は簡単に言えば鉄板に亜鉛メッキを施したものですから、材料費が非常に安価です。その上、複雑な屋根の形状等でなければ、施工時間も短くてすむことがありますし、大きな重機等が必要ないため周りに建物が密集している場所でも施工が可能です。これらのことを考えると、屋根の施工費用を安く抑えることができます。

耐衝撃性やメンテンンス性に優れる

トタン板は金属ですから、スレートなどに較べると衝撃等に強くなります。温度差などによる劣化も少ないと言えます。また、メンテナンスは大切になってくるのですが、それ自体が比較的容易なことも特徴としてあげられます。

では、次にトタン屋根のデメリットです。次のようなものがデメリットとしてあげられます。

遮音性、断熱性に劣る

トタン屋根や薄い金属の板で屋根を葺くわけですから、室内にいても雨音などが響きことになります。また、断熱性能もほとんどないと言っていいぐらいになります。このようなことから、遮音シートや断熱シート、断熱材の施工が併せて必要となってきます。最近では、塗料の中にも断熱性能のあるものもありますが、やはり別に対策が必要となってきます。

耐用年数が短い

金属屋根の中でもガルバリウム鋼板などに較べると、また他の瓦やスレートといった材料と較べても、材料としての耐久年数は本来短いものです。

施工技術の差が表れやすい

トタン屋根は板金職人によって施工されると言いましたが、板金自体は、職人さんの技量の差が出やすいものでもあります。それが、後々の防水性能にも影響していくことになり、トタン屋根の雨漏りに繋がります。

トタン屋根のメンテナンスは?

トタン屋根の一番の敵は何と言っても錆びです。そのために定期的な塗装の必要がでてきます。塗装を怠ると、錆びが一気に広がって、トタン板の腐食に繋がります。だいたい、10年に一度は再塗装が必要となります。再塗装の際には、次のような工程を経ることになります。

高圧洗浄

さび落とし(けれん)

さび止め

本塗装

塗装と言っても、このような工程が必要となってくるため、思いの他費用がかさむこともあります。また、塗装については、業者の裁量が入り込む余地も大きいので、信頼のおける業者に依頼するのが安心です。

トタン屋根のメンテナンスの主なものは塗装ですが、その他にも台風などの強風の際には、めくれあがったりといったことが考えられます。そのため、損傷個所を早く発見して、修繕をする必要があります。

 

トタン屋根について見て来ました。確かに、軽量等優れた性能を落ち併せている屋根ですが、やはりそれなりの欠点もありますから施工する場合は注意が必要です。また、金属で

あるが故に塗装による保護が大切になってきます。だんだんと少なくなってきたトタン屋根ですが、現在、トタン屋根の方も含めて、メンテナンスは欠かさないようにしましょう。

都道府県、症状からピッタリの職人をご案内します。

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理業者が教える雨漏り基礎知識

トタン屋根の特徴やメンテナンス

トタン屋根の特徴やメンテナンス

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

家の大敵、雨漏りの原因は?

家の大敵、雨漏りの原因は?

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理にかかる工事日数

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

寺院の雨漏りに関する豆知識

寺院の雨漏りに関する豆知識

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

新着お客様の声

京都市左京区 P.P様
先ず第一にとても気さくな方です。笑顔がとても素敵です。
こちらのことも色々考えて下さり心強かったです。
愛知県名古屋市 匿名希望様
当社が長谷さんに塗装を依頼し続ける理由は迅速・丁寧はもちろんの事、新しい事への提案・挑戦があり、3年近い付き合いになりますが現在進行形で成長しているのが素晴らしいと思うからです。
京都市右京区 森様
このサイトで高橋さんを紹介してもらいました。
物静かで柔らかな印象の高橋さん、工事の説明もちゃんとして頂きいよいよ工事開始・・・。
福岡県久留米市 K.T様
数年前、違う工務店に手抜き工事されたみたいで気に入らなくて心配していました。
そんな折、このサイトで紹介していただき、今度は真面目な大楠さんにお願いし、丁寧に工事していただきました。
京都府 小出様
とっても親切で誠実な方です。
いつでも電話に出られて、行動力があり、安心して仕事を任せられます。


PAGE TOP