1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 瓦屋根の特徴やメンテナンス

雨漏り修理業者が教える、雨漏り基礎知識

瓦屋根の特徴やメンテナンス

屋根の種類の中でも瓦屋根というのは馴染みの深いものですよね。昔ながらの和瓦と呼ばれるものもそうですが、最近は洋風の建物にも合う洋瓦と呼ばれるものまで、形も曲線を描いているものから平らに近いものまで色々なバリエーションがあります。そんな瓦屋根ですが、瓦がしっかりと屋根を守ってくれているから雨漏りの心配はないと思っておられる方も多いと思います。しかし、瓦屋根も勿論、雨漏りすることがあります。今回は、そんな瓦屋根の雨漏り等について見ていきます。

瓦屋根とは?

瓦屋根とは、屋根を瓦で覆ったものになりますが、ここでは、セメントなどでできたものではなくて粘土を焼いて作ったものということで説明していきます。いわゆる、昔ながらの瓦に代表されるように瓦は古くから、雨にも強くて丈夫で長持ちする屋根材として用いられてきました。

では、瓦屋根はどのような構造で、どうやって雨水の侵入を防いでくれているのでしょうか。

瓦屋根もスレートなどの他の屋根と基本的な構造は変わりません。野地板と呼ばれる屋根に貼られた板の上にアスファルトルーフィング等の防水層を敷き、その上に瓦が葺かれることになります。古めの日本家屋の場合、野地板の上に杉皮が敷かれ、その上にさらに土を載せて、その上から瓦を葺いたりもしました。瓦から内部に浸み込んだ雨水については、アスファルトルーフィングの場合はその上を流れ、葺き土の場合は土が水を吸収することによって雨水の室内への侵入を防いでくれています。

軒先や接合部についても、他の屋根と同じで板金によって雨水の処理がなされます。また、屋根の結合部分で山になっている部分は、板金の他に棟瓦と呼ばれる瓦が並べられ、漆喰で固定、雨水の侵入を防いでいたりもします。

瓦屋根のメリット・デメリット

では、瓦屋根のメリットとデメリットについて簡単にですが見ていきます。

 メリット

・丈夫で長持ち

他の屋根材に較べると、風雨や日光、あるいは温度差にも強いといった特徴があります。高温で焼かれた瓦自体は耐久性に優れ、50年以上たっても瓦自体の性能が落ちることはないと言われています。

・重厚感がある、デザイン性が高い

和瓦が葺かれた瓦屋根の街並みの美しさは、日本を代表する風景といってもいいものだと思いますが、洋瓦にしても重厚感があると同時に施工方法によっては、高いデザイン性を発揮し、建物に高級感を醸し出したりもしてくれます。

・遮音性が高い

他の屋根に較べて、意外に高いのは遮音性能です。瓦屋根の場合、大粒の雨などでも、屋根に落ちる雨音がさほど気になることはありません。

 デメリット

・コストがかかる

優れた性能を有する瓦屋根ですが、瓦自体の材料費もそうですが、他の屋根に較べて施工にかかる手間も多くなります。また、技術的にもある程度の熟練した職人による作業が必要となってきますから、コストがかかることになります。

・重量がある

地震の時に古い木造家屋が倒壊した例が紹介されますが、建物の上の部分に重量が集中していることも原因の1つだと言われています。

瓦屋根でよくある雨漏りの原因は?

優れた性能を有する瓦屋根ですが、勿論、雨が漏ることはあります。軒先等比較的わかり安いところならば原因はわかりやすいですが、雨漏りの根本的な原因はわかりにくかったりもします。

では、瓦屋根で雨漏りがあった場合、どのような箇所を疑えばいいのでしょうか。代表的なケースを挙げておきます。

瓦の割れ、ずれ

丈夫で重量もある瓦ですが、それでもズレたり割れたりすることがあります。瓦の一部分だけが何かのはずみで割れたりすることもありますが、近年見られるような強風を伴った台風の時には、一種の竜巻のような現象が起きて屋根の瓦自体が持ち上げられるような形になって割れてしまったり、沢山の瓦がずれてしまったりすることもあります。瓦の下には防水層があるわけですが、一度に沢山の雨水を処理できるわけではありませんから、雨漏りに繋がることになります。

屋根の接合部分の劣化、損傷

屋根と屋根の接合部分で谷になっている部分には雨水が集まってきます。そしてその部分は板金によって雨水が流れるようになっているのですが、板金部分が劣化して穴が開いていたり、損傷している場合があります。また、1階と2階の境目等屋根と壁との接合部分は同じように板金やのし瓦と呼ばれるもので処理をされているのですが、その部分が劣化したり、破損したりすれば風向きによっては雨が吹き込むことになります。

アスファルトルーフィングや葺き土部分のダメージ

風が強い場合等瓦の表面を雨水が流れ切らない雨の場合は、下のアスファルトルーフィングの上を水が流れたり、葺き土の場合は雨水を一時的に蓄えることで、天井裏への雨水の侵入を防いでいるわけですが、それらが劣化すると雨漏りが起きることになります。アスファルトルーフィングの場合は、経年劣化等で穴が開いたりすることもありますし、葺き土の場合は、長い年月の間に少しずつ土が流されていって、いわゆる「痩せて」しまうケースがあります。このような場合も雨量によっては、雨漏りに繋げることがあります。

また、屋根の形状が複雑であったり、デザイン性を重視して片流れ式の屋根にした場合等軒の出が少ない場合は、やはりその部分から雨漏りの可能性が増してきます。

 

瓦屋根を長持ちさせるには?

瓦屋根を長持ちさせるには、やはり定期的なメンテナンスが必要となります。突然の強風等で瓦が破損したり、ズレたりして雨が漏った場合は、ある意味どうしようもないかももしれませんが、定期的に瓦の状態や漆喰や板金部分などのチェック、メンテナンスをしてやることで瓦屋根を長持ちさせることができます。

瓦屋根の美しさはやはり格別なものがあります。確かに、高価なものではありますが、ちゃんとメンテナンスをしてやれば、他の屋根に比べてずっと長持ちがするものであります。また、思わぬ雨漏りの際にも、瓦屋根の特徴を知っていれば、修理を頼む際にも安心ですから、今回のお話も頭の隅にとどめておいてくださいね。

都道府県、症状からピッタリの職人をご案内します。

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理業者が教える雨漏り基礎知識

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

ガルバリウム屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

瓦屋根の特徴やメンテナンス

家の大敵、雨漏りの原因は?

家の大敵、雨漏りの原因は?

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

カラーベスト屋根の特徴やメンテナンス

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【瓦屋根編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

【各種屋根材編】雨漏りが起こった際の症状一覧

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

天井から水滴が…、雨漏りの原因は?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

雨漏りを放置しておくとどうなるのか?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

突然の雨漏り!自分で応急処置はできるの!?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理は自分でDIYでできる?

雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理にかかる工事日数

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根の葺き替え工事と費用相場

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

屋根下地防水紙(ルーフィング)について

寺院の雨漏りに関する豆知識

寺院の雨漏りに関する豆知識

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

屋根のカバー工法(重ね張り)工事と費用相場

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理は悪徳屋根修理業者に注意を!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

雨漏り修理の費用相場を知っておこう!

新着お客様の声

京都市左京区 P.P様
先ず第一にとても気さくな方です。笑顔がとても素敵です。
こちらのことも色々考えて下さり心強かったです。
愛知県名古屋市 匿名希望様
当社が長谷さんに塗装を依頼し続ける理由は迅速・丁寧はもちろんの事、新しい事への提案・挑戦があり、3年近い付き合いになりますが現在進行形で成長しているのが素晴らしいと思うからです。
京都市右京区 森様
このサイトで高橋さんを紹介してもらいました。
物静かで柔らかな印象の高橋さん、工事の説明もちゃんとして頂きいよいよ工事開始・・・。
福岡県久留米市 K.T様
数年前、違う工務店に手抜き工事されたみたいで気に入らなくて心配していました。
そんな折、このサイトで紹介していただき、今度は真面目な大楠さんにお願いし、丁寧に工事していただきました。
京都府 小出様
とっても親切で誠実な方です。
いつでも電話に出られて、行動力があり、安心して仕事を任せられます。


PAGE TOP