1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫なの?コーキングの効果と施工方法

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫なの?コーキングの効果と施工方法

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫なの?

最近はDIYを楽しむ方が増えてきました。
大抵の資材や道具はホームセンターで簡単に手に入るようになり、作業に関する情報もネットで手に入れることができます。
そのため、「雨漏りの修理もDIYで」という方がいらっしゃいます。
中でも特にコーキングは自分でできる雨漏り修理の代表的な例であり、比較的簡単にできそうに感じる方も多いでしょう。
ここでは、雨漏り修理におけるコーキングについて解説します。

 

そもそもコーキングとは?

コーキングとは、建築物で隙間を埋める用途や接着の用途として使用される資材のことです。雨漏り対策として必要な工程です。
例えば、モルタルの打ち継ぎ目や資材と資材の間、外壁材(サイディング)の目地あるいはドアや窓やサッシなどの建具周りでよく使われます。
その他にも、板金作業による取り合い部分や室内の浴室、洗面あるいは台所などの水周りでも用いられることがあります。

コーキング剤にはシリコン系、変形シリコン系、ウレタン系とった素材があり、それぞれに特徴があります。
容器から押し出すようにして使うタイプのコーキングがホームセンターなどで専用の工具と共に販売されています。
コーキングは容器から押し出された直後は柔らかいため、隙間を埋めるには最適な素材であり、空気に触れることで硬化が始まり塗布面に密着していきます。
そして、ある程度の年月が過ぎると収縮したり剥離したりするようになって劣化してしまい、打ち替えや打ち直しのタイミングを迎えるのです。

 

コーキングの種類

シリコン系
使用に適した場所
■ガラス
■キッチン
■浴室・浴槽
耐久性、密着性が高く早く乾く為作業効率がよい

ウレタン系
使用に適した場所
■サッシまわり
■タイル目地・モルタル・コンクリートのひび割れ
耐久性が高く上から塗装することができる。紫外線に弱いので直接日が当たる個所への使用は不向き

変形シリコン系
使用に適した場所
■サッシまわり
■タイル目地・モルタル・コンクリートのひび割れ
■屋根材・金属
使用できる場所が多く上から塗装できる

アクリル系
使用に適した場所
■タイル目地・モルタル・コンクリートのひび割れ
湿った場所でも使用でき上から塗装できる

ポリサルファイド系
使用に適した場所
■屋内外のタイル目地・サッシまわり
■ビルのカーテンウォール
耐久性が高く汚れにくい

コーキングで雨漏り修理をするには?

コーキングで雨漏り修理をするには?

雨漏りが起こった時にコーキングを使って施工を行い応急処置をすることがあります。塗装工事を依頼した際、塗装の前にコーキング作業を行います。

コーキングで雨漏り修理をする際に必要な材料は次のようになります。基本的にホームセンターなどで購入可能です。

・コーキング材
・コーキングガン
・ヘラ
・下塗り材及び下塗り用のハケ
・マスキングテープ
・コーキング用プライマー

これらの素材はどれもホームセンターで簡単に手に入るものばかりです。
では、具体的にコーキング作業とはどのようにして進めていくのでしょうか?

01. 古いコーキングが残っていれば剥がして取り除く
02. 下地のゴミや汚れを取り除き、損傷している部分があれば修復する
03. 必要に応じて、コーキングをする場所の周りをマスキングテープなどで保護する
04. 下塗り材を塗る
05. コーキング材をコーキングガンを使って充填していく
06. ヘラを使ってコーキングを綺麗にならしていく
07. 最後にマスキングテープを剥がす

このような流れになり、比較的簡単な作業ばかりです。

瓦やスレート、その他の屋根材や壁材であってもクラックや破損、あるいはズレにより生じた隙間などはコーキングで埋めることができます。
作業自体も特に危険な要素は無いため、高所である場合を除いては作業に不慣れな一般の方でもできそうですよね。

 

コーキングで雨漏りの修理をするメリット、デメリットは?

では、コーキングで雨漏り修理を行う場合のメリット、デメリットについて見ていきましょう。
特に、DIYでひび割れや穴をふさぐなど雨漏り修理を行う場合を想定してご紹介します。

まずはメリットですが、次のような項目が挙げられるでしょう。

・すぐに取りかかれて、雨漏り解決までの時間が短くて済む場合がある
・自分でやれば安く済ませることができる場合がある
・DIY好きの方の場合、自分で修理をすることで、充実感が得られる
・料金が明確

といったところでしょうか。
次にデメリットについて見ていきます。

・綺麗に仕上がるとは限らない。
・場所によって使うコーキング材を間違えると、効果が期待できない場合がある
・高所作業は危険を伴う
・コーキングだけで雨漏りが止まるとは限らない

特に最後にご紹介した、「コーキングだけで雨漏りが止まるとは限らない」についてですが、一時的に雨漏りが止まったように見えても実はそうではない、むしろ建物を傷めてしまっていた、というケースもあるのです。

 

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫?

雨漏りの修理はコーキングだけで大丈夫?

前項で、「コーキングだけで雨漏りが止まるとは限らない」とお伝えしましたが、雨漏り修理はコーキングだけで安心と言えるのでしょうか?
少し詳しく見ていきましょう。

まず最も危険なのは、雨漏りの原因の見極めについてです。
雨漏りの原因は、一目でわかる場合とそうでない場合があります。
建物の防水は屋根表面や壁面の1次防水だけでなく、その下の2次防水も含めて行われています。
本当にコーキングを打ち替えるだけで、雨漏りが止まるのかどうかを見極めた上で修理に取り掛からないと、せっかく材料を揃えて作業したのに雨漏りは直らなかったということも起こり得ます。

そして何より、将来的に建物の寿命を縮めかねないのが、コーキングを行なって雨漏りが直ったと思っていたら、実は建物内部の建材の腐食などが進んでしまっていたというケースです。
雨漏り修理の際には、目に見える部分だけでなく目に見えない内部的な箇所も含めて対処する必要があります。

このような理由から、コーキングによる雨漏りの修理は、あくまでも一時的なものと捉えておく方が良いのです。
雨漏り修理は早期発見・早期修繕が大切ですが、修理したつもりになるというのは危険なことです。

コーキングで一時しのぎ的な雨漏り修理はできますが、根本的な解決にはならないことが多いです。
その結果、雨漏りが再発すると、改めて専門業者に修理を依頼することとなり、DIYで安く済んだつもりが思わぬ追加出費になる場合もあります。
雨漏りが起こればやはり徹底的に原因を追究して、現状を把握した上で葺き替えや塗装など根本的な修理をする方が良かったというケースが実は多いのです。

 

まとめ

コーキングは塗装より早く劣化しやすくまた劣化がわかりやすく表面に現れます。劣化症状が見られたらコーキングの工事も検討しましょう。またご自身でも住宅を長持ちさせるために定期的な確認が必要です。一般的には外壁塗装と同じタイミングに行いますがコーキングのみでも施工の対応をしてくれる会社、業者さんはいます。
上記でご説明した通り雨漏りまでしてしまうと高い修繕費用を支払う原因の一つになりますので注意が必要です。

当サイトでは雨漏り修理のプロの職人さんへ相談をすることができます。ご相談はもちろん無料。まずがお気軽に問合せください。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

雨漏り診断士ってどんな資格?

雨漏り診断士ってどんな資格?

台風や豪雨の時だけ雨漏りがする、、なぜだろう?

台風や豪雨の時だけ雨漏りがする、、なぜだろう?

雨漏り防止の強い味方!ルーフィング(防水シート)の種類と特長

雨漏り防止の強い味方!ルーフィング(防水シート)の種類と特長

雨漏りの原因に?外壁や屋根をメンテナンスせず放置するリスクを紹介

雨漏りの原因に?外壁や屋根をメンテナンスせず放置するリスクを紹介

雨漏り修理、補修に欠かせないシーリング材について

雨漏り修理、補修に欠かせないシーリング材について

塗装工事に使う主な塗料の種類と特長について

塗装工事に使う主な塗料の種類と特長について

雨漏り修理に葺き替え工事の検討を!実際の作業工程についてご紹介

雨漏り修理に葺き替え工事の検討を!実際の作業工程についてご紹介

カバー工法で雨漏りを止める

カバー工法で雨漏りを止める

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも



PAGE TOP