1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ ベランダの排水溝のつまりは雨漏りの原因に!自分でできる対処法もご紹介

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

ベランダの排水溝のつまりは雨漏りの原因に!自分でできる対処法もご紹介

「雨が降るとベランダが水浸しになってしまい困っている」「排水溝のつまりが気になるけど、どう対処したら良いのかわからない」などの悩みを持っていませんか?

ベランダの排水溝がつまってしまうと、ベランダがプールのような状態になってしまい使用できなくなるほか、屋内や近隣への雨漏り被害に直結する恐れがあります。このようなリスクを避けるためにも、できるだけ早く排水溝のつまりを解消しておきたいですよね。

そこで今回は、ベランダの排水溝がつまる原因やリスク、自分でできる対処法について詳しく解説していきます。また、ベランダの排水溝のつまりを予防する対策もあわせて解説するので、ぜひ今後のメンテナンスに役立ててください。

ベランダの排水溝がつまる原因

はじめに、ベランダの排水溝がつまる原因について詳しく見ていきましょう。排水溝設備の周りには、排水溝自体と水の通り道である排水管が存在します。排水溝と排水管はそれぞれ異なる物質によってつまりやすい性質があり、症状の解消には適切な方法を選ぶことが重要です。

たとえば、台風や季節の変わり目などで、風によって運ばれてくる木の枝や枯れ葉は、排水溝を塞ぐ原因となります。これによって水の流れが阻害され、ベランダに滞留した水が建物内部に浸透してしまう可能性があります。

また、洗濯物を振る際に舞い上がるホコリが排水溝を詰まらせることも。洗濯物のシワを伸ばすために行う振り払いが、排水溝にホコリを蓄積させ、つまりを引き起こす要因となります。

さらに、風で飛んできたり、ベランダに置かれたプランターから流れ出たりする砂や土も排水溝の詰まりを引き起こすので注意しなければなりません。少量の砂や土であれば自然な流れによって流れ出しますが、乾燥して排水管内部に固着した砂や土は水の通り道を狭め、つまりを誘発する恐れがあります。

ベランダの排水溝のつまりを放置すると?考えられるリスク

ベランダの排水溝のつまりを放置すると、さまざまな深刻なリスクが考えられます。たとえば、以下のようなリスクがあげられます。

  • 屋内に水が流れ込む
  • 雨漏りの発生
  • 階下とのトラブル

それぞれのリスクについて、もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

【リスク①】屋内に水が流れ込む

ベランダの排水溝が詰まってしまうと、雨水や水蒸気が適切に排水されず、結果としてベランダの床面に水が滞留する可能性が高まります。この水の滞留は、建物内部への悪影響を引き起こすことがあります。

たとえば、滞留した水が窓の高さを越え、屋内の床面に浸透するかもしれません。床面に浸透すると、窓際の床材の劣化や腐食が進行し、長期的な損傷をもたらす可能性があります。

また、滞留した水が建物内に侵入すると、家具や家電製品にも影響を及ぼしてしまいます。とくに、家電製品に水が浸入すると故障の原因にもなるため、注意しなければなりません。

さらに、滞留した水が建物内部に流れ込むと、電気設備に影響を及ぼす可能性も考えられます。水と電気の接触は非常に危険であり、漏電や火災の原因となることがあります。特に、水が配線やコンセントに浸透すると、短絡や電気ショックの危険性が高まるので要注意です。

【リスク②】雨漏りの発生

排水溝が詰まると、雨水や雪解け水が効率的に排水されず、ベランダの防水層に負担がかかることが起こり得ます。この状況は、時間の経過とともに防水層の劣化を招き、最終的には雨漏りの発生を引き起こす可能性があります。

雨漏りが発生すると、まずは建物内部の構造材に影響を及ぼす恐れがあります。具体的には、湿気や水分が建物内に浸透し、木材や鉄骨などの構造材に腐食や劣化をもたらします。特に長期間にわたって雨漏りが続くと、建物の強度や安定性に問題が生じることでしょう。

また、雨漏りによって内部の環境が悪化し、快適な生活空間を損ねる可能性があります。具体的には、湿気の増加によってカビの繁殖が促進され、居住空間における空気品質の低下が考えられます。このような状況は健康被害を引き起こす可能性もあり、アレルギー症状や呼吸器系の問題を引き起こすリスクがあることも念頭に置かねばなりません。健康への影響を引き起こすばかりでなく、居住者の生活の質を低下させる要因にもなるでしょう。

【リスク③】階下とのトラブル

ベランダの排水溝のつまりによる影響は、単に自身の住戸にとどまるだけではありません。排水溝の詰まりが放置されると、水が溢れて階下の住戸に流れ込む可能性があります。このような状況が発生すると、階下の住戸の居住環境が大幅に悪化し、重大なトラブルを引き起こしかねません。

たとえば、階下の床材の損傷や家具の水浸し、内装の変色など、さまざまな不便や損害が発生するリスクがあります。

また、排水溝のつまりが原因で水漏れが階下の住戸に影響を及ぼすだけでなく、建物の共用部分に損傷をもたらす可能性も考えられます。水が浸入することで共用の廊下や階段、エレベーターなどが損傷を受け、修復や補修の費用が発生するかもしれません。また、階下の住戸の設備やインフラにも影響を及ぼす可能性があり、大規模な修繕や交換が必要となる場合もあります。

これらの要因からもわかるように、ベランダの排水溝のつまりが引き起こす「階下とのトラブル」は、他の住戸や建物共用部分にも影響を及ぼす潜在的なリスクを含んでいることも念頭に置きましょう。

ベランダの排水溝がつまったら?自分でできる対処法

ベランダの排水溝のつまりが気になったら、まずは自分でもできる対処法でつまりを解消させましょう。自分でできる対処法は、以下の3つです。

  • トングや長い棒を使って原因物を取り除く
  • ラバーカップを使う
  • ワイヤーブラシを使う

それぞれの方法を簡単に解説していきます。

【対処法①】トングや長い棒を使って原因物を取り除く

ベランダの排水溝がつまってしまった際に、まず取り掛かるべき対処法として、トングや長い棒を使用して排水溝に詰まった原因物を取り除く方法があります。この手法は、そのシンプルさにもかかわらず、効果的な対処法のひとつと言えるでしょう。

最初に、排水溝まわりをきれいに清掃して、排水溝の蓋を丁寧に取り外します。蓋が外れたら、トングや棒を排水口に挿入します。この際、棒はできるだけ細長く、柔軟性のあるものが適しています。排水口に挿入することで、つまりの原因となる可能性のあるゴミや落ち葉を取り除くことができます。

注意が必要なのは、ゴミを取り除く際に力を加えすぎないようにすることです。無理に押し込んだり引っ張り出したりすると、逆に詰まりを悪化させることがあります。ゆっくりと、かつ注意深く作業するよう心がけましょう。

この方法のメリットは、一般的な家庭で使用する道具であるトングや棒を活用することで、手軽に詰まりを解消できる点にあります。しかしながら、ゴミを取り除く際には、衛生面に配慮しなければなりません。適切な手袋を着用するか、手洗いを十分に行うなどの対策を講じて作業することで、安全かつ効果的な排水溝の詰まり解消が可能となるでしょう。

【対処法②】ラバーカップを使う

ベランダの排水溝のつまりを解消するためには、ラバーカップを活用する方法も考えられます。この手法は、排水溝のつまりを効果的に解消するためのひとつのアプローチとして、手軽でありながら実用的な方法です。

①の方法と同様に、排水溝の蓋を丁寧に取り外します。蓋が取り外されたら、次にラバーカップを手に取ります。ラバーカップの形状は、排水口に密着しやすく、しっかりと押し込めるものが理想です。

ラバーカップを排水口にしっかりと密着させたら、次にカップを上下に押し込む動作を繰り返します。これによって、排水溝内部の圧力が変化し、つまりの原因となっているゴミや異物が解消されていきます。適度な力を加えて引っ張ることで、排水溝内の空気と水の流れが変動し、詰まりの解消を促すことが期待できるでしょう。

この方法のメリットは、ラバーカップを使用することで物理的な力を加えるだけで排水溝のつまりを解消できる点にあります。しかしながら、使用時にはラバーカップを適切に排水口に密着させなければ意味がありません。また、ラバーカップを使用する際にも、十分な衛生意識を持つことが重要です。適切な手袋を着用することで、安全かつ衛生的な状態で排水溝のつまりを対処できるでしょう。

【対処法③】ワイヤーブラシを使う

排水溝のつまりを解消する手段として、ワイヤーブラシを活用する方法もひとつです。柔軟で細長いワイヤーは、排水溝の中に差し込んでゴミや汚れを取り除くのに適しており、排水の円滑な流れを回復させる上で重要な役割を果たします。

まず、ワイヤーブラシを手に取ります。排水溝の蓋を慎重に取り外した後、ワイヤーブラシを排水口に挿入します。ワイヤーブラシをゆっくりと回転させながら、徐々に引き出すことで、排水溝内部のつまりを解消する効果が期待されます。

この方法のメリットは、ワイヤーブラシを使用することで、排水溝の内部に広がるゴミやホコリを的確に取り除ける点にあります。排水管の中に溜まった細かな異物は、水の流れを妨げる原因となりますが、ワイヤーブラシを使用することで効果的に解消できるでしょう。

ただし、ワイヤーブラシを使用する際には慎重さが必要です。無理に力を加えると、排水溝や排水管を傷つけてしまう可能性があります。適切な角度と力を持って、ゆっくりと作業することが大切です。

ベランダの排水溝のつまりを対処するときの注意点

注意

ベランダの排水溝のつまりを対処する際には、いくつかの注意点を念頭に置くことが重要です。注意点は、次の3つです。

  • パイプクリーナーでつまり解消は期待できない
  • 近隣への影響に配慮する
  • 排水管の破損に気を付ける

あらかじめ注意点を把握して、効果的かつ安全な対処を行いましょう。

【注意点①】パイプクリーナーでつまり解消は期待できない

排水溝のつまり解消に関する注意点として、一般的なパイプクリーナーを使用することは避けましょう。排水溝のつまりを解消するためには、ベランダ独自の状況や要因を考慮した方法を採用することが大切です。一般的なパイプクリーナーは、特定の成分や酸性度を含んでいることがあり、これがベランダの排水溝内部や環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

たとえば、排水溝のパイプや周辺の素材がこれらの成分に過敏に反応し、劣化や損傷を引き起こすリスクがあるため注意が必要です。したがって、ベランダの排水溝のつまりを解消する場合には、パイプクリーナーを使用せずに適切な手段を用いるか、専門家に相談して適切な方法を検討することが重要です。

【注意点②】近隣への影響に配慮する

排水溝のつまりを解消する作業を実施する際には、周囲の住人や近所への影響に深く配慮することが欠かせません。近隣住民との円滑な関係を維持し、良好なコミュニケーションを図るためにも、以下にあげる点に留意することが重要です。

まず、作業エリアを適切にカバーすることで、ゴミや汚れの飛散を最小限に抑えることが可能です。特に風の強い日や作業が複数回にわたる場合は、防護シートを使用して周囲を保護すれば、作業による不快や影響を低減させられるでしょう。

また、作業時間帯についても注意が必要です。特に夜間や早朝、休日などの静穏な時間帯には、騒音を最小限に抑えるように努めることが重要です。近隣住民の生活リズムや状況に合わせて、作業する時間帯を選定するようにしましょう。

さらに、排水溝のつまり解消に伴って、水が周囲に飛び散る可能性がある場合には、水の流れをコントロールする工夫も必要不可欠です。周囲への影響を最小限にしながら、効率よく作業を進めましょう。

【注意点③】排水管の破損に気を付ける

排水溝のつまりを解消する際に、排水管の破損に対して高い警戒心を持つことが肝心です。無理な力を加えたり、排水管に過度な振動を与えたりすると、排水管を傷つけてしまう恐れがあります。排水管の損傷は、水漏れや建物の構造の損害へと発展してしまうため、慎重な作業が必要不可欠です。

特に、ワイヤーブラシのような工具を使用する場合には、以下の点に留意しながら作業を進めましょう。

まず、排水管の状態を正確に把握することが先決です。排水管は長い間使用されているケースが多く、劣化や老朽化が進行しているリスクがあります。作業前に排水管の外観や状態を観察し、あらかじめ損傷箇所や劣化の兆候を確認しておけば、作業の際に破損のリスクを軽減できます。

次に、工具の選定と使用方法に細心の注意を払いましょう。ワイヤーブラシを使用する際には、適切な長さと柔軟性を持つものを選び、排水管内部に過度な圧力をかけずに作業を行います。無理に力を加えたり、過剰な回転運動を行ったりすると、耐えられない負荷がかかり、排水管の破損リスクが高まります。

また、作業中には排水管の状態を頻繁に確認し、異常な変化がないかを確認することが大切です。排水管に異常な抵抗を感じたり、奇妙な音がしたりする場合には、すぐに作業を中断し、専門家に相談することを検討してください。

ベランダの排水溝のつまりが解消しないときは?

排水溝のつまりが解消しない場合や、問題が深刻な場合には、プロの専門家に相談することをおすすめします。排水溝のつまりを放置すると、前述のとおり雨漏りや建物の損傷、近隣とのトラブルなどのリスクが高まるため早めの対処が重要です。

なお、専門家に依頼するとなると「費用はいくらかかるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。排水溝のつまりを解消する際、費用の目安を把握するためには、作業方法とつまりの原因の位置を確認しておくことが必要です。つまりの解消方法は多岐にわたり、その選択によって費用が異なります。

まず、作業方法について考えてみましょう。排水溝のつまりを解消する方法には、高圧洗浄機のような大型機材を使用する方法や、業者専用のスッポンやローポンプを活用する方法などがあります。これらの方法は効果的ではあるものの、使用する機材や工程によって費用が変動します。つまりの原因や状態に応じて、最適な作業方法を選択し、費用を見積もってもらいましょう。

また、つまりの原因の位置も費用に影響を及ぼす要因です。排水パイプのつまりが視認可能な箇所にある場合は、比較的簡単にアクセスできるため、作業の手間や時間が削減される可能性があり、それに伴い費用も抑えられます。一方で、つまりが奥深い場所にある場合、作業の難易度が高まり、専門的な技術や機材を要することから費用が上昇することが考えられます。

修理業者によっても、提供するサービス内容や料金体系が異なるため、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。現地で業者とやり取りし、現状を詳しく説明し見積もりを依頼することで、費用の見積もりを正確に把握できるでしょう。また、見積もりを受ける際には、作業方法やつまりの原因の位置、予想される作業期間などを詳しく聞いておくことで、予算を適切に計画できるでしょう。

ベランダの排水溝のつまりを予防する方法

ここからは、ベランダの排水溝のつまりを予防する方法を解説します。今回紹介する予防策は、次の4つです。

  • 排水溝のカバーを変える
  • 排水溝のフィルターを設置する
  • プランターがある場合は土が流れにくいものにする
  • 定期的に清掃する

これらの予防策によってリスクを未然に防ぎ、あらゆるトラブルを回避しましょう。では、ひとつずつ簡単に解説します。

(1)排水溝のカバーを変える

排水溝のカバーの選択は、異物が排水溝に侵入することを最小限に抑える効果的な方法です。この対策において、カバーの目の細かさや形状の工夫が鍵となります。目の細かいカバーや特殊な形状のものを選べば、風によって運ばれた小さな葉や細かなゴミ、砂などが排水溝に侵入するのを効果的に防げます。

また、カバーが簡単に取り外し可能であることもポイントです。カバーを取り外すことが容易であれば、清掃作業をスムーズに行えるため、排水溝のつまりを未然に防ぐことに直結します。

なお、排水溝のカバーを選ぶ際には、耐久性や耐候性も考慮しなければなりません。長期間使用することを想定して、質の高い素材で作られたカバーを選べば、効果的なつまり防止策を実現できるでしょう。

(2)排水溝にフィルターを設置する

排水溝に専用のフィルターを設置すれば、目の細かい網状構造が異物の侵入をブロックし、つまりのリスクを軽減します。この方法によって、排水管内部に葉やゴミ、小さな砂や土などが流れ込むのを効果的に阻止できます。

なお、フィルターは簡単に取り外せて洗浄できるものがおすすめです。フィルターが汚れた場合に、手軽に取り外して水洗いすることで、その効果を持続できます。また、定期的なメンテナンスによって、フィルターの目詰まりや効果の低下を防ぎ、長期間にわたって効果を発揮させることが可能です。

排水溝に設置するフィルターは、さまざまな素材やデザインが用意されています。耐久性のある素材を選び、ベランダの環境に適したタイプを選択すれば、長期間にわたって効果的なつまり防止を実現できます。排水溝のフィルターは、簡単な装着作業によってベランダのメンテナンスを向上させ、排水システムの健全性を保つ重要な役割を果たすことでしょう。

(3)プランターがある場合は土が流れにくいものにする

ベランダにプランターを配置する場合は、排水システムへの妨げを防ぐ工夫が必要です。たとえば、プランターの底に石や砂利を敷けば、土が流れにくくなり、同時に水が効率的に排水されることを促進します。これによって、土の流出による排水溝の詰まりを防ぐことが可能です。

また、プランターに排水用の穴を設けることも有効です。これによって、余分な水分がプランター内でたまることなく、排水溝に流すことができます。さらに、適切な排水トレイを使用することも、プランターの土の流出を防ぐ手段のひとつ。排水溝に流れる前に土や水をトレイ内で収集し、つまりのリスクを軽減できます。ベランダで植物を育てる際には、あらゆる工夫を取り入れながらガーデニングを楽しみましょう。

(4)定期的に清掃する

定期的な清掃によって、排水溝内に蓄積する異物やゴミ、そして流れを阻害する要因を取り除くことが可能です。清掃を適切な頻度で行えば、ベランダ環境を美しく保ちながら、排水溝の良い状態を維持できるでしょう。

清掃作業は、落ち葉やゴミをこまめに取り除くことから始めてください。特に、秋や冬の季節には風によって多くの葉や小さなゴミが飛散しやすくなります。これらが排水溝にたまるとつまりの原因となるため、定期的に目視で確認し、こまめに取り除くよう心がけましょう。

また、フィルターやカバーも定期的に点検して清掃することが必要です。フィルターの目詰まりがつまりのリスクを高める可能性があるため、汚れがたまったら取り外して洗浄するか、交換することを検討しましょう。カバーも同様に、異物が詰まることなく水がスムーズに流れる状態を保つために、汚れやゴミをこまめに取り除いて清潔な状態を保つ必要があります。

清掃の頻度は、使用状況や環境によって異なります。ベランダの使用頻度や季節によって異なるゴミの量を考慮し、適切な間隔で清掃作業を行うよう計画しましょう。

まとめ

今回は、ベランダの排水溝のつまりに関して原因やリスク、自分でできる対処法などを詳しく解説しました。ベランダの排水溝は、枯れ葉やホコリ、土などが溜まることでつまりを引き起します。排水溝のつまりを放置すると、雨漏り発生や近隣トラブルにつながりかねません。

こういったリスクを回避するためにも、できるだけ早く適切に対処することが鍵となります。排水溝のつまりが気になったら、トングや長い棒、ラバーカップなどの道具を使い、つまりの原因物を取り除いてみましょう。

できる範囲で対処してみたものの、つまりが解消されない場合は、専門家に相談するのもひとつです。現地調査によって、実際にどの程度費用がかかるのか見積もりを依頼してみましょう。

また、被害が雨漏りへと発展してしまった場合は、雨漏り修理もあわせて必要となります。「雨漏り修理の達人」では、雨漏り修理の経験豊富な各都道府県の優良業者を簡単に検索できます。「業者選びに不安がある」「信頼できる業者に依頼したい」という方は、ぜひ「雨漏り修理の達人」を活用してみてくださいね。

雨漏り修理の達人へのお問い合わせはこちら

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内