1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 雨漏り修理も大工さんに任せておけば安心

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

雨漏り修理も大工さんに任せておけば安心

家などの建物を造るときは様々な人が関わりあって造り上げますが、中でも有名なのは大工さんですね。ところで、みなさんはこの大工さんってどんな役割なのか知っていますか?

まずは、家づくりに関係する人々を少し紹介します。

家づくりの職人

設計

まずは設計者。建築基準法では10㎡以上の建物を造るときには確認申請が必要になり設計者を定めなければなりません。この設計を、報酬をもらい業務として行うのが建築士ですね。

次に現場監督。工事現場全体の指揮を執り、スケジュール管理などを行います。

 

大工

ここからは所謂職人さんと呼ばれる人たちです。まずは、今回のキーワードである大工さんから。大工さんは木工事全般を取り扱う職人さんで、木造住宅が主流の日本の住宅建築現場ではメインの職人です。法律が整備される前の昔は大工さんが住宅の設計も行い、積算(設計図などから費用を算出すること)や現場監督も行っており、まさに家づくりのエキスパートだったんです。ちなみに、大工の棟梁というのは、数いる大工をまとめるチームリーダーのような立場の人です。

 

鳶職人

大工と並んでよく聞くのが鳶(とび)でしょうか。鳶職人はその名の通り建物の梁から梁へ飛び移り作業をしていたそうで、高所での作業を専門とする職人です。もちろん、今は飛び移ったりしませんし、しっかりと命綱を付けて安全第一で作業しています。家づくりでは足場の設置や解体などの高所作業や建物の基礎配筋など高所以外での作業もしています。

 

鉄筋職人

次に紹介するのは鉄筋職人さん。大工や鳶に比べるとあまり聞きなれないかもしれませんが、工場で加工した鉄筋を搬入し、図面通りに間違いなく配筋するのはとても重要なことです。木造住宅では出番は少ないですが、大工、鳶とならび建築職人の三役と言われています。

 

その他の職人

これら三役以外にも建物の表面をきれいに仕上げる左官職人さん、ドアや窓を専門に扱う建具職人さん、室内の壁紙やフローリングを施工する内装職人さんなどがいます。より専門的な分野を扱うとしては電気、水道、ガスなどの専門家もいますし、植木職人なども家づくりには関わってきますね。

 

雨漏りを直してくれるは…

さて、本題に戻しましょう。家づくりには多くの専門家が関わっていることはわかっていただけたと思いますが、雨漏りが発生した時は誰に頼むのが一番なんでしょうか?

先ほどは説明しませんでしたが、家づくりに関わる職人さんで、屋根職人というのがいます。瓦やスレートなどの屋根の施行や屋根の断熱や防水作業などを行う職人です。では、この屋根職人に雨漏りの修理を頼めばいいのでしょうか? 答えはイエスでありノーでもあります。職人さんの多くは個人や少数で仕事を行っており、一般の人からの相談窓口などの連絡先を公表していない場合が多いです。そのため、直接屋根職人に頼みたくても、連絡先が分かるとは限りません。また、家づくりの現場は完全に分業制になっています。屋根職人が作業するために屋根に上る足場は鳶職人が作りますし、雨漏りが屋根の下地にまで影響しているようであれば大工さんなどの作業が必要になる場合もあります。実際に雨漏りが生じているような事例では下地の腐食なども多く、大工さんや外壁職人が一緒に作業して雨漏りの補修を行うことがほとんどです。こういった理由により雨漏りの修理は屋根職人に頼めばいいか、という質問にはイエスでありノーでもあるという回答になるんです。

 

建てて間もない建物の場合

では、実際に雨漏りが生じてしまった場合、どこに頼めばいいのでしょうか?

家を建ててから日が浅い場合は設計者や現場監督(施工管理者)に言うのも手です。現場監督は現場の責任者ですので、実際に現場を施工した屋根職人や大工などともつながりがあり、修理の段取りもスムーズに行ってくれるでしょう。設計者にしても、設計者には工事が図面通りに行われている確認する監理責任があり、工事監理を行っているはずです。設計者に連絡することで、現場監督へ話が行き、対応してくれることでしょう。特に、家を建ててから5年以内のような日が浅い時期での雨漏りは初期不良が疑われますので、建設当時の関係者である現場監督や設計者に連絡するのは有効だと思います。

 

経年劣化による雨漏りかも…?

もし、家を建ててから何十年も経過しており、経年劣化などによる雨漏りの可能性が高い場合は現場監督や設計者にこだわる必要はないでしょう。設計者や現場監督はどんどん新しい建物を建てて利益を出していかないといけないので、忙しさのあまり迅速に対応してくれない場合があるからです。その場合は、先ほどの屋根職人に依頼してもいいですが、おすすめは大工さんです。大工は、昔は設計や現場監督もやっていたと話しましたが、今でもその名残で家づくりの職人さんでは中心的な役割があります。職人同士の横のつながりも大工さんは非常に広く、大工さんに頼めば必要な職人を集めてくれやすいです。工務店や雨漏り修理の専門業者には大工をはじめとした各種職人が在籍しているので、こういった会社に依頼すれば間違いないですね。雨漏り修理の達人でも、大工さん、屋根職人さん、塗装職人さんなどが登録されているので、安心して雨漏り修理をご依頼ください。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

雪も雨漏りの原因に!?

雪も雨漏りの原因に!?

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

陸屋根の雨漏り修理について

陸屋根の雨漏り修理について

晴れの日でも雨漏りするのはなぜ?

晴れの日でも雨漏りするのはなぜ?

雨漏り修理も大工さんに任せておけば安心

雨漏り修理も大工さんに任せておけば安心

防水改修はベランダに要注意

防水改修はベランダに要注意



PAGE TOP