1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 神奈川県の屋根・外壁工事で使える助成金と優良業者の選び方

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

神奈川県の屋根・外壁工事で使える助成金と優良業者の選び方

助成金

屋根工事や外壁工事を行う際、助成金の利用によって工事費用を安くできることはご存知ですか?屋根や外壁に必要な工事は費用がかかり、少しでも安く抑えたいと思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、神奈川県の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度をご紹介します。また、助成金制度の申請手順や優良業者の選び方についても解説していきます。

この記事を参考にして信頼できる業者を選び、少しでもお得にリフォームしましょう。

神奈川県の屋根・外壁工事で使える助成金

はじめに、神奈川県の屋根工事・外壁工事で使える助成金について詳しく紹介します。自治体ごとに紹介するので、あなたのお住まいに該当する制度があるかチェックしましょう。

神奈川県における助成金制度のある市町村は、下記のとおりです。

  • 横須賀市
  • 大和市
  • 三浦市
  • 海老名市
  • 足柄上郡大井町
  • 三浦郡葉山町
  • 高座郡寒川町
  • 足柄上郡中井町
  • 足柄下郡湯河原町
  • 愛甲郡愛川町

上記以外の地域にお住まいの場合、2023年10月現在で利用できる助成金制度はありません。なお、記事後半で紹介する「助成金以外に屋根・外壁工事を安くする方法」を参考にして、工事費用を少しでも安く抑えましょう。

以下より、市町村ごとに助成金額や対象工事、受付期間などをまとめているので、助成金制度の詳しい内容を見てみましょう。

横須賀市 2世帯住宅リフォーム補助金

横須賀市では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 2世帯住宅リフォーム補助金
助成金額 改修工事費の50%
助成金額の上限 30万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 横須賀市内に一戸建て住宅を所有し、その住宅に住んでいる親世帯か、当該住宅に市外から転入予定の子ども家族であること
  • 申請年度中に塗装工事、子ども家族との同居および住民登録を完了させること
  • 転入する子ども家族は、令和5年1月1日時点において、横須賀市外に住所があり、申請日以降に親世帯の住宅に転入すること
  • 過去に本制度による補助金の交付を受けていないこと
  • 市税を滞納していないこと
  • 暴力団員ではないこと
受付期間 先着5件

大和市 大和市不燃化・バリアフリー化改修工事費補助金制度

大和市では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 大和市不燃化・バリアフリー化改修工事費補助金制度
助成金額 改修工事費の50%
助成金額の上限 10〜20万円
対象工事 外壁の不燃塗料等への塗り替えなど
支給条件
  • 建築物の所有者であること
  • 当該住宅に居住し、かつ住民登録が行われていること
  • 市税の滞納がないこと
  • 大和市内の業者に発注すること
  • 工事費用が5万円以上であること
受付期間 年間40件

三浦市 三浦市住宅リフォーム助成事業

三浦市では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 三浦市住宅リフォーム助成事業
助成金額 一律7万円
助成金額の上限 一律支給のため設定なし
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 市内在住で、住民登録をしていること
  • 市税を滞納していないこと市内に所有し、自ら居住している住であること
  • 工事費用が20万円以上であること
  • 令和6年3月末までに工事が完了できるものであること
受付期間 第3期受付 2023年10月2日〜2023年10月20日

海老名市 海老名市住宅改修支援事業

海老名市では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 海老名市住宅改修支援事業
助成金額 工事費の5分の1
助成金額の上限 10万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 個人が所有する海老名市内にある
  • 戸建て住宅、またはマンション等の共同住宅の専有部分、店舗などとの併用住宅の住宅部分であること
  • 住宅の所有者であることリフォーム工事の契約者であること
  • 申請日において該当住宅に継続して1年以上居住していること
  • 市税等の滞納がないこと過去にリフォームに関する助成金等の交付を受けていないこと(一部例外あり)
  • 工事費用が10万円以上であること
受付期間 2023年10月2日〜2023年12月28日

足柄上郡大井町 大井町三世代同居住宅改修補助事業

足柄上郡大井町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 大井町三世代同居住宅改修補助事業
助成金額 20万円
助成金額の上限 一律支給のため設定なし
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 世帯全員が改修した住宅の所在地を住所地としていること
  • 町内に親、子、孫の三世代で同居すること
  • 改修した住宅に10年以上居住すること
  • 孫は中学生以下であること(出産予定の場合も含む)
  • 世帯全員に町税などの滞納がないこと
  • 世帯員全員が、同一の住宅において、同様の補助金申請を利用していないこと
  • 移住・定住に係る当町の他の補助を受けていないこと
  • 暴力団員などでないこと
  • 暴力団経営支配法人などと密接な関係にないこと
  • 工事費用が20万円以上であること
受付期間 改修工事完了日の翌日から起算して2カ月以内

三浦郡葉山町 住宅リフォーム資金補助金

三浦郡葉山町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 住宅リフォーム資金補助金
助成金額 一律5万円
助成金額の上限 一律支給のため設定なし
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 町内の業者に発注すること
  • 工事費用が20万円以上であること
  • 町が実施する他の補助金又は助成金の交付を受けていないこと
  • 補助金を申請した年度内に工事を完了すること
  • リフォームの実施にあたり、関係する法令に違反していないこと
  • 暴力団員ではないこと
受付期間 不明

高座郡寒川町 住宅リフォーム等建築工事推進助成事業

高座郡寒川町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 住宅リフォーム等建築工事推進助成事業
助成金額 改修工事費の5%の商品券
助成金額の上限 3万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 寒川町に住民登録している人
  • 申請者が対象住宅に居住していること
  • 納付期限の過ぎた町税等がないこと
  • 町内の業者に工事を発注すること
  • 他に同様の補助を受けていないこと
  • 令和6年3月15日までに工事を完了させ、完了報告を提出できること
  • 工事費用が20万円以上であること
受付期間 2023年4月1日より先着

足柄上郡中井町 空き家活用推進事業補助金

足柄上郡中井町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 空き家活用推進事業補助金
助成金額 改修工事費の50%
助成金額の上限 40万円 ※子育て世帯又は若年夫婦世帯には、これに40万円を加算(合計の上限80万)
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 世帯員のいずれもが町内に居住していること
  • 住宅の所有権移転登記完了日から起算して10年以上、町内に居住すること
  • 世帯員のいずれか1人が補助金の対象となる経費を負担していること
  • 過去に中井町の空き家活用に関する補助金の交付を受けていないこと
  • 世帯員が市町村民税を滞納していないこと
  • 暴力団員ではないこと
受付期間 2023年4月1日〜

足柄下郡湯河原町 住宅リフォーム助成金

足柄下郡湯河原町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 住宅リフォーム助成金
助成金額 改修工事費の10%
助成金額の上限 10万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 申請者及び同一世帯員が町税などを滞納していないこと
  • 町内の業者に工事を発注すること
  • 暴力団員ではないこと
  • 工事費用が20万円以上であること
受付期間 2019年6月3日〜

愛甲郡愛川町 愛川町三世代同居定住支援住宅改修補助金

愛甲郡愛川町では、以下の助成金制度が実施されています。

制度名 愛川町三世代同居定住支援住宅改修補助金
助成金額 改修工事費の50%
助成金額の上限 40万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 工事費用が10万円以上であること
  • 申請日以前1年以内に子または孫世代の生計維持者もしくはその配偶者が40歳未満である者が愛川町に転入し、申請日時点においても三世代で同居していること
  • 一時的同居を除き、申請日以前1年以上前に町内で補助対象者全員での三世代同居をしていないこと
  • 本町の町税を滞納していないこと
  • 過去にこの補助金を受けていないこと
  • 暴力団員ではないこと
受付期間 2023年4月1日〜

助成金を受けるための条件

助成金を受けるための条件について、「助成金制度は誰でも申請できるの?」と気になっている方も多いでしょう。助成金の申請は、自治体ごとに独自の条件があります。以下では、一般的な条件を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 助成金申請の受付期間内であること
  • 工事が開始されていない段階で申請すること
  • 自治体が指定した業者を選び工事を行うこと
  • 必要な書類を正確に揃えること
  • 未払いの税金がないこと

助成金制度によっては、三世代同居や一定期間の居住を条件としていたり、工事費用の最低金額を設定していたりするケースもあります。助成金の支給条件は各自治体のホームページに記載されているので、確認漏れのないようにしましょう。

なお、申請時にはほぼすべての場合において「見積書」が必要です。依頼する業者からあらかじめ見積もりを取得しておけば、スムーズに申請を行えるでしょう。

また、助成金は予算が設けられていたり、先着順で枠が限られたりしているので、申請前に受付が終了してしまうケースもあります。したがって、助成金制度の利用は早めの申請が必要であると覚えておきましょう。

助成金の申請の流れ

申請

助成金の申請手続きについて、疑問を抱く方も多いかと思います。「助成金制度の利用方法はどうすればいいの?」という場合、制度の内容や条件を確認した後に、助成金の申請手続きを以下のように進めてみましょう。

  1. 見積書を取得する
  2. 必要な書類を入手する
  3. 必要な書類を提出する
  4. 工事の契約を締結する
  5. 着工・完工
  6. 報告書および請求書を提出する

前述の通り、助成金の申請にはまず業者から見積書を取得しなければなりません。その後、自治体のウェブサイトから書類を手に入れ、必要な書類をすべて用意しましょう。

下記は、申請に必要な書類の一例です。

  • 工事見積書の写し
  • リフォーム施工前後の現場写真
  • 工事請負契約書または売買契約書の写し
  • 住宅の位置図、平面図その他工事の内容が確認できる書類
  • 住宅の建物登記簿の全部事項証明書

各自治体によって必要な書類は異なるので、あらかじめ確認して用意しましょう。万が一書類の漏れがあると、申請が承認されなかったり、承認までに時間がかかったりするので注意が必要です。また、提出する際は窓口か郵送のいずれかの方法から選べますが、自治体によっては郵送が受け付けられない場合もあるので確認してください。

提出した書類が承認されれば、施工業者と工事の契約を結びましょう。工事が完了した後、報告書と請求書を提出することで、助成金の申請手続きは完了します。

助成金以外に屋根・外壁工事を安くする方法

「助成金を利用したかったけど、受付期間に間に合わなかった」「助成金制度が先着順で締め切られてしまった」など、助成金制度を利用できないケースも考えられます。また、そもそもお住まいの自治体で助成金制度がないケースも少なくありません。

ここでは、上記のようなケースにおいて、助成金以外に屋根工事・外壁工事を安くする方法を紹介します。工事費用を安く抑える方法は、下記のとおりです。

  • 火災保険を利用する
  • キャンペーンを活用する
  • 閑散期に塗装を行う

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

【安くする方法①】火災保険を利用する

1つめは火災保険を利用して工事費用を抑える方法です。火災保険とは、自然災害によって建物や家財が被害を受けた際に補償される保険のこと。

たとえば、次のケースであれば火災保険を適用して工事費用を安くすることが可能です。

  • 台風によって屋根が損傷し、塗装工事が必要になった場合
  • 台風の飛来物によって外壁にひび割れが生じ、塗装工事が必要になった場合

なお、火災保険の適用可否は保険会社が判断するため、必ずしも保険金がおりるとは言い切れません。火災保険を利用できるかどうか気になったら、まずは保険会社に問い合わせてみましょう。

一方、以下のケースでは火災保険が適用されません。

  • 被害の原因が自然災害ではなく「経年劣化」によるもの
  • 損害を受けてから3年以上経過している
  • 損害の総額が20万円未満
  • 損害箇所以外の修理

火災保険が適用対象外となるケースは、上記のように定められています。火災保険の利用を検討する際には、まずこれらの条件を理解することが大切です。

【安くする方法②】キャンペーンを活用する

2つめは、施工業者のキャンペーンを活用することです。依頼する業者によっては、季節ごとに値引きキャンペーンを実施しているケースも見られます。たとえば、「新春キャンペーン」や「年末キャンペーン」など、独自のキャンペーンを実施しています。

なお、高額すぎる値引きは材料の品質が悪かったり、必要な工程を削られたりして、工事品質が落ちるリスクも考えられます。したがって、お得なキャンペーンを提案されても、まずは工程や使われる材料に問題がないかどうかを確認した上で依頼するようにしましょう。

【安くする方法③】閑散期に塗装を行う

3つめは、閑散期に塗装を行うことです。外壁塗装をオフシーズンに行うことで、割引が適用される場合があります。

通常、塗装工事は一年中行えるものですが、夏や梅雨、冬は工事が少ない時期となります。この時期は業者にとって工事を入れたいと思う時期なので、値引き交渉がうまくいくかもしれません。時期はお任せする旨を伝え、値引きができないかどうかを業者に相談してみましょう。

優良業者の選び方

屋根工事・外壁工事を検討する際は、業者の選び方も重要です。業者選びに失敗してしまうと、施工不良によるトラブルや金銭面での揉め事などが起こり、いろいろと面倒なことになりかねません。そのような事態を回避するためにも、優良業者の選び方をしっかり理解し、スムーズに工事を依頼できるようにしましょう。

押さえておきたい優良業者の選び方は、次の4つです。

  • 助成金に詳しいかどうか見極める
  • 口コミや評判を調べる
  • 工事金額・見積書の内容を精査する
  • アフターフォローの内容をチェックする

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

【選び方①】助成金制度に詳しいかどうか見極める

助成金制度の利用にあたり、依頼する業者がその制度について精通しているかどうかを確認することが重要です。その理由は、助成金制度を熟知していない業者を選んでしまうと、助成金の申請前に工事が始まってしまったり、必要な書類が不足していたりするリスクがあるからです。

逆に、助成金制度に精通した業者であれば、必要な書類の準備はもちろんのこと、工事のタイミングについても適切に考慮してくれるはずです。制度の詳細を理解している業者を選べば、助成金の申請手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

【選び方②】口コミや評判を調べる

助成金制度を活用する際は、業者の口コミや評判も調べておきましょう。口コミや評判を見ると、リアルなユーザーの声がわかり、業者に対する客観的な評価を見極められます。

たとえば業者の対応が悪かった場合、「どのような場面でどんな対応をされたのか」が明確にわかるでしょう。また、評判の良い業者であるなら、具体的にどのような点が評価されているのかも把握できます。

なお、口コミや評判を調べるときは、口コミの情報元を確認しておくと安心です。誰によって投稿された口コミなのかがわかれば、その情報の信ぴょう性も格段に上がります。

また、良い評判だけでなく悪い評判にも目を向けることが重要です。仮に良い評判ばかり書かれていた場合、鵜呑みにせずその情報に信頼性があるのかどうかをチェックすることも欠かせません。

【選び方③】工事金額・見積書の内容を精査する

助成金制度を利用して工事を依頼する場合、工事金額や見積書の内容を精査することも大切です。一部ですが、相場よりも大幅に高額な見積書を提示したり、事前の説明もなく追加費用を請求したりする業者も存在します。

そういった悪徳業者による提案を回避するためにも、まずは工事金額の相場を知ることから始めましょう。相場を把握するには、相見積もりが有効です。相見積もりとはA社に見積もりを依頼し、その見積もりをB、C社などの複数業者に提示して、価格交渉することをいいます。

相見積もりを取れば、各業者の工事金額を比較しながら相場を理解できるので、高額な費用で提案された場合にすぐ対処できます。逆に、あまりにも低価格の見積もりを提示された場合は、工事のクオリティに問題があると疑いの目をかけることも可能です。

したがって、業者を選ぶ際ははじめからひとつに絞らず、複数の業者から見積もりを依頼し比較しましょう。

また、見積もりを依頼するときは工事金額だけでなく、見積書の内容まで目を通す必要があります。たとえば、見積書に書かれている内容が抽象的でわかりづらい場合、後で金銭的な問題や施工に関するトラブルが生じるかもしれません。

一方、材料や工程、追加費用の有無など、見積書の内容が詳細に示されている場合は、トラブルの心配はほとんどなく、信頼できる業者と判断できるでしょう。

【選び方④】アフターフォローの内容をチェックする

業者を選ぶにあたって、アフターフォローの有無や内容をチェックすることも重要です。アフターフォローとは、施工後の定期的な点検や保証など、工事後でも業者から適切な対応を受けられるサービスのことをいいます。たとえば、外壁塗装をして間もないタイミングで、施工不良による劣化が生じた場合、アフターフォローによって無償で補修してもらえることが一般的です。

しかし、アフターフォローの提供がない業者を選んでしまうと、万が一施工後にトラブルが起きたとしても、適切な対応を受けられません。もし対応してもらえない場合は、別の業者に補修を依頼することになり、それに伴う費用も負担しなければなりません。

したがって、万が一の施工後のトラブルに備えて、アフターフォローがしっかりと用意されている業者を選ぶことが必要不可欠です。なお、業者ごとに保証内容や期間が異なるため、アフターフォローの有無を確認する際には、保証の内容や期間などの詳細もチェックしておくと安心です。

\助成金を使った屋根・外壁工事や雨漏り修理についてのご相談は雨漏り修理の達人にお任せください!/
雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

まとめ

今回は、神奈川県の屋根工事・外壁工事で使える助成金や、助成金制度の申請の流れ、優良業者の選び方について詳しく解説しました。

神奈川県の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度は、市町村によって条件や内容が異なります。また、自治体によっては助成金制度を実施していない地域もあるため、助成金制度の利用を検討する際は、あらかじめ各市町村に問い合わせて、申請状況や受付期間を確認しておくと安心です。

最後に、神奈川県の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度をまとめます。

  • 横須賀市:2世帯住宅リフォーム補助金
  • 大和市:大和市不燃化・バリアフリー化改修工事費補助金制度
  • 三浦市:三浦市住宅リフォーム助成事業
  • 海老名市:海老名市住宅改修支援事業
  • 足柄上郡大井町:大井町三世代同居住宅改修補助事業
  • 三浦郡葉山町:住宅リフォーム資金補助金
  • 高座郡寒川町:住宅リフォーム等建築工事推進助成事業
  • 足柄上郡中井町:空き家活用推進事業補助金
  • 足柄下郡湯河原町:住宅リフォーム助成金
  • 愛甲郡愛川町:愛川町三世代同居定住支援住宅改修補助金

助成金制度の最新情報は随時更新されるため、各自治体のホームページを定期的にチェックすることがおすすめです。また、助成金制度は予算が設けられていたり、先着順で枠が限られていたりするため、時期によっては受付終了となる可能性があります。したがって、助成金制度を利用する際は早めに申請しましょう。

なお、上記以外の地域にお住まいの方は、火災保険を利用するほか、業者が打ち出しているキャンペーンを利用して工事費用を抑える方法もひとつです。

助成金を使って屋根工事・外壁工事を依頼する場合は、業者の選び方も理解しておく必要があります。業者を選ぶにあたり、口コミや評判、見積書の内容に問題がないかどうかを確認し、優良業者であることを見極めましょう。また、助成金制度について熟知している業者であれば、安心して依頼できますね。

雨漏り修理の達人」では、厳しい審査基準を満たした優良業者を検索できるほか、各業者の費用や特徴、実績を簡単に比較できます。屋根職人や塗装職人などの専門業者が多数登録されているので、屋根工事・外壁工事を検討している方は必見です。

「自分で業者を探すのは大変」「助成金制度に詳しい優良業者にお願いしたい」という方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内