1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 京都府の屋根・外壁工事で使える助成金と優良業者の選び方

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

京都府の屋根・外壁工事で使える助成金と優良業者の選び方

助成金

「屋根工事や外壁工事を安く済ませる方法を知りたい…」と悩んでいませんか?屋根や外壁に関する工事はコストがかかるので、少しでも安く抑えたいですよね。

工事費用を安く済ませるなら、お住まいの自治体で用意されている助成金制度を利用することがおすすめです。助成金制度は各自治体によって条件や利用期間が異なるので、まずはあなたのお住まいで「どのような助成金制度を利用できるのか」を確認することが欠かせません。

そこで今回は、京都府の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度について詳しく解説していきます。また、助成金制度を利用する条件や流れなどもあわせて紹介します。

さらに、屋根工事や外壁工事では業者選びも非常に重要です。記事後半では「優良業者の選び方」も解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

京都府の屋根・外壁工事で使える助成金

「自分の住んでいる地域では助成金制度を利用できるのかな?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。はじめに、京都府の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度を紹介するので、あなたのお住まいで助成金制度を利用できるのかどうかをチェックしましょう。

2023年10月現在、京都府では以下の地域で助成金制度が用意されています。

  • 宮津市
  • 相楽郡笠置町
  • 相楽郡和束町
  • 船井郡京丹波町
  • 与謝郡伊根町
  • 宇治市
  • 京丹後市
  • 久御山町
  • 城陽市
  • 南丹市
  • 舞鶴市
  • 南山城村

ここからは、地域ごとにどのような制度があるのか、また条件や利用期限などの詳しい情報を紹介していきます。

①宮津市 移住・定住支援空き家改修助成制度

宮津市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 移住・定住支援空き家改修助成制度
助成金額
  • 定住支援空き家等改修補助の場合は2分の1
  • 移住促進事業補助の場合は10分の10
助成金額の上限
  • 定住支援空き家等改修補助の場合は最大100万円
  • 移住促進事業補助の場合は最大180万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 市内の定住を目的に空き家を購入・賃借すること
  • 市外に引き続き2年以上住所を有している、または市内に住所を有して1年を経過していないこと
  • 空き家等の所有者等の親族でないこと
  • 市町村税を滞納していないこと
  • 該当の空き家に補助金の交付の日から5年以上、宮津市に住所を有する見込みがあること(移住促進事業補助の場合は、10年以上宮津市に住所を有する見込みがあること)
地元業者の利用義務 あり
受付期間 不明

②相楽郡笠置町 子育て世帯住宅支援事業

相楽郡笠置町では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 子育て世帯住宅支援事業
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 子どもが3人以上の世帯または、新たに三世代同居・近居となる世帯であること
  • 町内に居住(居住予定含む)する世帯であること
  • 子どもの親権者の年収の合算額が750万円未満の世帯であること
  • 町税などの滞納がない世帯であること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 不明

③相楽郡和束町 子育て世帯住宅リフォーム等支援事業助成金

相楽郡和束町では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 子育て世帯住宅リフォーム等支援事業助成金
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円(京都府からの移住者は200万円)
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • すでに和束町に住所を有していること(今後和束町に住所を有すること)
  • 子どもの属する多子世帯または新たに三世代同居もしくは三世代近居となる世帯の構成員であること
  • 町内に建築された住宅の所有者であること
  • 町税等の滞納のない世帯に属していること(三世代同居又は三世代近居の場合は、当該三世代に係る世帯に町税等の滞納がないこと)
  • 工事契約をした世帯に係る子どもの親権者の年収の合算額が750万円未満であること
  • 子どもの属する多子世帯もしくは三世代同居または三世代近居の世帯全員が、同一の住宅について、この要綱に基づく補助金の申請を行っていないこと
  • 三世代全員が、暴力団員等に該当しないこと
  • 10万円以上の工事であること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 不明

④船井郡京丹波町 住宅改修助成金

船井郡京丹波町では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 住宅改修助成金
助成金額 改修工事費の10%
助成金額の上限 10万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 町内に建築された住居の所有者であること
  • 町税等の滞納のない世帯に属していること
  • 工事費用が10万円以上であること
  • 交付決定の日の属する年度の3月1日までに完了する工事であること
地元業者の利用義務 あり
受付期間 2023年3月31日〜

⑤与謝郡伊根町 移住促進空家改修支援事業助成金

与謝郡伊根町では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 移住促進空家改修支援事業助成金
助成金額 改修工事費の100%
助成金額の上限 180万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 改修する空家が伊根町の空家バンクに登録されていること
  • 改修する空家について、移住者は取得、地域の団体は取得または賃借する物件であること
  • 移住者が居住する目的で行う生活に必要となる改修であること • その空き家を生活の拠点とすること
  • 町外に継続して1年以上住所を有している方または町内に転入して1年未満の方で転入の前に継続して1年以上町外に住所を有していること
  • 世帯主とその配偶者の満年齢の合計が100歳未満であること(世帯主に配偶者が無い場合は、世帯主が50歳未満)
  • その空家について、移住の促進を目的とした空家改修等に係る補助金が交付されたことがないこと
  • その空家の取得の日が、転入する日から起算して1年前の日から、1年を経過する日までであること
地元業者の利用義務 不明
受付期間 不明

⑥宇治市 宇治市三世代近居住宅支援事業補助金

宇治市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 宇治市三世代近居住宅支援事業補助金
助成金額 改修工事費の2分の1(加算額あり)
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 宇治市内で新たに空き家を活用し三世代近居を行う世帯の構成員であること
  • 子の親権者の年収の合計が750万円未満であること
  • 三世代近居を行う世帯の構成全員が市税及び府税の滞納がないこと
  • 100万円以上の工事であること
  • 2024年3月1日までに完工すること
  • 市の他の補助金等を受けて行う工事でないこと
地元業者の利用義務 なし
受付期間 2023年4月24日〜2024年1月31日

⑦京丹後市 移住者(空家に移住する方)向け補助金

京丹後市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 移住者(空家に移住する方)向け補助金
助成金額 改修工事費の10分の10
助成金額の上限 最大230万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 市外から住所を移転した者であること
  • 2年以上市外に住所を有していた者であること
  • 10年以上定住する意思を有する者であること
  • 移住促進計画に記載する人材像、条件等に合致する者であること
  • 空家所有者と移住者が2親等以内の親族でないこと
  • 移住の前後1年以内に申請すること
  • 地区等に移住促進計画が策定されていること
  • 京丹後市定住空家情報バンクの登録物件であること
  • 着工前の申請であり、2月末までに改修工事等が完了すること
地元業者の利用義務 条件によっては市内業者限定
受付期間 不明

⑧久御山町 久御山町三世代近居・同居住宅支援補助金

久御山町では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 久御山町三世代近居・同居住宅支援補助金
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 久御山町内で新たに三世代近居・同居する人であること
  • 子の親権者の年収の合計額が750万円未満であること
  • 三世代近居・同居する世帯員が市町村税及び府税を滞納していないこと
  • 三世代近居・同居する世帯員が暴力団員でないこと
  • 補助金の交付決定を受けた年度の3月10日までに工事を終わらせること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 不明

⑨城陽市 城陽市三世代近居・同居住宅支援事業補助金交付制度

城陽市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 城陽市三世代近居・同居住宅支援事業補助金交付制度
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 市内で新たに三世代近居または三世代同居を行う世帯の構成員であること
  • 子の親権者の年収の合計が750万円未満であること
  • 三世代近居または同居を行う世帯の構成全員が市税及び府税を滞納していないこと
  • 補助金の交付の決定を受けた年度の3月末日までに工事を終わらせること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 不明

⑩南丹市 子育て応援住宅支援事業

南丹市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 子育て応援住宅支援事業
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など (外構工事・雨漏修繕・機器設置のみなどは対象外)
支給条件
  • 申請年度において、南丹市に住所がある世帯であること
  • 申請年度の4月1日時点において、18歳未満の子どもを養育している世帯であること
  • 多子・三世代同居・三世代近居のいずれかの世帯であること
  • 南丹市税などの滞納がないこと
  • 親権者の年収合算額が750万円未満であること
  • 居住地域の区などに加入し、地域活動に積極的に参加する世帯であること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 不明

⑪舞鶴市 舞鶴市子育て世帯住宅リフォーム支援事業等補助金

舞鶴市では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 舞鶴市子育て世帯住宅リフォーム支援事業等補助金
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など (外構工事、雨漏修繕、設備機器のみの設置は対象外)
支給条件
  • 子どもが3人以上いる世帯、または新たに三世代同居・三世代近居となる世帯 • 市税等の滞納のない世帯に属していること
  • 子どもの親権者の年収の合算額が750万円未満であること
  • 工事費用が10万円以上であること
  • 交付申請をする年度の3月1日までに完了する工事であること
地元業者の利用義務 あり
受付期間 2023年4月3日〜2023年11月30日

⑫南山城村 南山城村子育て世帯住宅リフォーム等支援事業補助金

南山城村では、下記の助成金制度が用意されています。

制度名 南山城村子育て世帯住宅リフォーム等支援事業補助金
助成金額 改修工事費の2分の1
助成金額の上限 100万円
対象工事 屋根・外壁の改修、塗装など
支給条件
  • 子どもの属する多子世帯もしくは三世代同居または三世代近居の世帯の構成員であること
  • 村内に建築された住宅の所有者であること
  • 村が課した村税等の納付金および府税に滞納のない世帯に属していること
  • 住宅リフォーム工事の契約をした世帯に係る子どもの親権者の年収の合算額が750万円未満であること
  • 子どもの属する多子世帯もしくは三世代同居または三世代近居の世帯全員が、同一の住宅について、この要綱に基づく補助金の申請を行っていないこと
  • 親および子世帯全員が、暴力団等に該当しないこと
  • 工事費用が10万円以上であること
地元業者の利用義務 なし
受付期間 2023年4月1日〜2024年3月31日

助成金を受けるための条件

助成金を受けるためには、自治体ごとに定められた条件を満たす必要があります。ここからは「助成金制度は誰でも申請できるの?」という疑問について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

一般的に、助成金を受けるための条件として下記のような内容が定められています。

  • 助成金制度の申請受付期間内であること
  • 工事が開始されていない段階で申請すること
  • 指定の業者を選んで工事を行うこと
  • 必要な書類を過不足なく揃えること
  • 税金の滞納がないこと

助成金制度によっては、子育て世帯や三世代同居であること、一定期間居住することなどを条件としています。また、工事費用の下限金額を設定している場合もあるので、助成金の支給条件は各自治体のホームページをチェックしましょう。

また、自治体によって助成金に予算を設けているほか、先着順で利用枠を限定しているケースもあります。タイミングによっては助成金制度を利用できないこともあるため、早めの申請が必要であると覚えておきましょう。

助成金の申請の流れ

手順

「助成金の申請は難しそう…」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。ここでは「助成金制度の利用手順は?」という疑問について、わかりやすく解説していきます。

一般的な助成金申請手順は、下記のとおりです。

  1. 見積書を取得する
  2. 必要な書類を入手する
  3. すべての必要書類を提出する
  4. 工事の契約を締結する
  5. 着工・完工
  6. 報告書および請求書を提出する

はじめに、助成金の申請には業者から見積書を取得しなければなりません。その後、自治体のウェブサイトから書類を手に入れ、必要な書類をすべて用意します。

以下は、申請に必要な書類の一例です。

  • 工事見積書の写し
  • リフォーム施工前後の現場写真
  • 工事請負契約書または売買契約書の写し
  • 住宅の位置図、平面図その他工事の内容が確認できる書類
  • 住宅の建物登記簿の全部事項証明書

なお、自治体によって必要な書類は異なるため、どのような書類が必要なのかをあらかじめ確認しておくと安心です。仮に書類の提出漏れがあると、申請が承認されなかったり、承認までに時間がかかったりします。

また、提出方法は窓口か郵送のいずれかの方法となりますが、自治体によっては郵送を受け付けていない場合もあるので注意しましょう。

提出した書類すべてが承認されれば、業者と工事の契約を結びます。完工後は、報告書と請求書を提出することで申請手続きは完了となります。

助成金以外に屋根・外壁工事を安くする方法

「自分の住んでいる自治体で助成金制度が用意されていない」「助成金制度の申請期間に間に合わなかった」など、さまざまな理由により助成金制度を利用できないケースもあります。

もし助成金制度を利用できない場合は、火災保険を使って工事費用を安く抑えられるかもしれません。火災保険とは、自然災害によって建物や家財が被害を受けた際に補償される保険のことです。

たとえば以下の場合、火災保険を利用して工事費用を安くできます。

  • 台風の影響で屋根が損傷し、塗装工事が必要になった
  • 台風の飛来物によって外壁にひび割れが生じ、塗装工事が必要になった

なお、火災保険が利用できるかどうかは保険会社が判断するため、必ずしも保険金で安くできるとはかぎりません。火災保険の利用可否については、直接保険会社に相談してみましょう。

ただし、以下のケースでは火災保険を利用できません。

  • 被害の原因が「自然災害」ではなく「経年劣化」によるもの
  • 損害を受けて3年以上経過している
  • 損害の総額が20万円未満である
  • 損害箇所以外の修理である

たとえば、経年劣化による屋根塗装や外壁塗装の場合は火災保険を利用できません。上記の条件を理解した上で、火災保険の利用を検討しましょう。

優良業者の選び方

屋根工事・外壁工事を検討するときは、業者を慎重に選ばなければなりません。業者選びに失敗してしまうと、施工不良や金銭面でのトラブルが起こり、取り返しのつかないことに発展してしまうかもしれません。そのような事態を回避するためにも、優良業者の選び方を把握し、スムーズに工事を依頼できるようにしましょう。

あらかじめチェックすべき優良業者の選び方は、次の4つです。

  • 助成金に詳しい業者を選ぶ
  • 口コミや評判をチェックする
  • 見積もり金額・契約内容を精査する
  • アフターフォローの有無をチェックする

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

①助成金制度に詳しい業者を選ぶ

助成金制度を利用するにあたって、業者が制度について熟知しているかどうかが非常に重要です。制度に関して熟知していない業者を選んでしまうと、助成金の申請前に着工してしまったり、必要書類を用意してもらえなかったりするリスクがあります。

もし制度に精通した業者であれば、工事の手配や必要書類の準備など適切に対応できるはずです。制度を熟知した業者を選ぶことは、助成金の申請をスムーズに進めることにつながるでしょう。

②口コミや評判をチェックする

助成金制度を利用する際は、業者の口コミや評判も確認しましょう。口コミや評判は、業者に対する客観的な評価を見極めるのに役立ちます。

なお、口コミや評判を調べるときは「情報元」をチェックしておくと安心です。もし口コミが「誰によって書かれたものか」がわからなければ、その情報の信ぴょう性は低いと判断し、鵜呑みにしないことも大切です。

口コミや評判は、業者のホームページや口コミ専門サイトなど、インターネット上から収集することがメインになりますが、知人からの口コミも非常に有効と言えます。知人からの情報は信ぴょう性が高く、業者選びの判断材料となるでしょう。

③見積金額・契約内容を精査する

助成金制度を利用するときは、見積金額や契約内容を精査することも欠かせません。場合によっては、相場よりも高額な見積金額を出されたり、契約内容にはない追加費用を請求されたりするケースもあります。

そういった悪質な業者を見極めるためには、相見積もりによって見積金額の「相場」を知ることが重要です。相見積もりを取れば、各業者の金額を比較しながら相場を理解できるので、高額な費用で提案された場合にすぐ対処できます。

また、見積金額だけでなく契約内容まで目を通すことも必要不可欠です。見積書に書かれている内容が大まかで明瞭ではない場合、後で金銭問題や施工トラブルに発展するかもしれません。

優良業者であれば使用する材料や工程、追加費用の有無など、見積書に詳細を明記しています。そのため、トラブルの心配はほとんどなく、信頼できる業者と判断できるでしょう。

④アフターフォローの有無をチェックする

業者を選ぶ際、アフターフォローの有無も欠かせないチェック項目です。アフターフォローとは、施工後の定期的な点検や保証など、工事後でも業者から適切な対応を受けられるサービスのことをいいます。たとえば、工事後に何らかの理由で施工不良が発覚した場合、無償で補修してもらえます。

ただし、アフターフォローのない業者を選んでしまった場合、施工後のトラブルに対して適切な対応を受けられません。そうなると、別の業者に補修を依頼する必要があり、それに伴う費用も負担しなければなりません。

なお、アフターフォローの有無を確認するときは、保証内容や期間などの詳細もチェックしておくと安心です。

\助成金を使った屋根・外壁工事や雨漏り修理についてのご相談は雨漏り修理の達人にお任せください!/
雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

まとめ

今回は、京都府の屋根工事・外壁工事で使える助成金や、助成金制度の申請の流れ、優良業者の選び方について解説しました。

京都府の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度は、自治体によって支給条件や内容、期間が異なるため、あらかじめ詳細を調べておくと安心です。また、お住まいの地域によっては助成金制度が用意されていないケースもあります。

最後に、2023年10月現在における京都府の屋根工事・外壁工事で使える助成金制度をまとめます。

  • 宮津市:移住・定住支援空き家改修助成制度
  • 相楽郡笠置町:子育て世帯住宅支援事業
  • 相楽郡和束町:子育て世帯住宅リフォーム等支援事業助成金
  • 船井郡京丹波町:住宅改修助成金
  • 与謝郡伊根町:移住促進空家改修支援事業助成金
  • 宇治市:宇治市三世代近居住宅支援事業補助金
  • 京丹後市:移住者(空家に移住する方)向け補助金
  • 久御山町:久御山町三世代近居・同居住宅支援補助金
  • 城陽市:城陽市三世代近居・同居住宅支援事業補助金交付制度
  • 南丹市:子育て応援住宅支援事業
  • 舞鶴市:舞鶴市子育て世帯住宅リフォーム支援事業等補助金
  • 南山城村:南山城村子育て世帯住宅リフォーム等支援事業補助金

助成金制度は予算が設定されていたり、先着順で枠が限られていたりするため、タイミングによっては受付終了となる可能性があります。また、助成金制度の情報は随時更新されるため、各自治体のホームページを定期的にチェックすることがおすすめです。

上記以外の地域にお住まいの場合は、火災保険を利用して工事費用を抑える方法もひとつ。火災保険の適用可否については、直接火災保険会社に問い合わせてみましょう。

一方、屋根工事・外壁工事を依頼するなら「業者の選び方」も理解しておく必要があります。業者の口コミや評判のチェック、見積書や契約内容の精査を行い、悪質な業者に依頼することのないようにしましょう。

雨漏り修理の達人」では、厳しい審査基準を満たした優良業者を検索できるほか、各業者の費用や特徴、実績を簡単に比較できます。業者選びに不安がある方は、ぜひ活用してみてくださいね。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者




PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内