1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ トタン屋根の葺き替え費用はどれくらいかかるの?

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

トタン屋根の葺き替え費用はどれくらいかかるの?

トタン屋根の葺き替え費用はどれくらいかかるの?

比較的リーズナブルな屋根のひとつであるトタン屋根は、倉庫や工場以外の一般住宅でも多く用いられています。
トタン屋根は、安価なだけでなく軽量なため耐震性が高くなるというメリットもあり、なかなか優秀な屋根材。
しかし錆びやすいため塗装によるメンテナンスが欠かせず、錆が進むと張替えなどのリフォームが必要になります。

「トタン屋根がそろそろ劣化しているので張替えたいけど費用が気になる」という方もおられるのではないでしょうか?
ここでは、トタン屋根の葺き替え費用について詳しく解説していきます。

トタン屋根とは?特徴やメリットは?

まず『トタン』とは、薄い鉄の板の上に亜鉛メッキを施すことで耐久性を持たせた建築資材になります。
他の屋根材に比べて材料費も安価施工がしやすいといった特徴があり、さらには軽量なため、建物全体の耐震性を高めることができるというメリットがあります。

そんなトタンを用いた『トタン屋根』は、屋根の下地板の上に防水シートなどを敷いて、その上にトタンと呼ばれる屋根材を葺いた屋根の総称のことです。

最近ではよく似た屋根材としてガルバリウム鋼板といったものもありますが、トタンとは似て非なるものですので覚えておいてください。
最近ではトタンに代わってこのガルバリウム鋼板を使用することが増えてきました。

トタン屋根の特徴について詳しくは下記をご覧ください。

トタン屋根のメンテナンス方法や修理を行う場合の工法は?

塗装によるメンテナンスが基本

トタン屋根のメンテナンスは、定期的に塗装工事をすることが基本です。
錆びはトタンにとって大敵ですので、それを保護する目的で塗装を行います。
10年位が再塗装の目安になりますが、錆び等があれば早めに塗装をすることを推奨します。
また、トタン自体の寿命は20年程度と言われていますのでご注意を。
錆が出たまま放置しているとやがて穴が空いてしまって雨漏りすることも珍しくありません。

下地まで傷んでいない時はカバー工法

トタン屋根の修理には、カバー工法と呼ばれる今あるトタン屋根の上から新しいトタンを重ねる工法も多く用いられています。
特に工場など広い面積の屋根の場合、現在の屋根を撤去しない分葺き替えよりもコストを抑えることができます。
カバー工法は葺き替えに比べて工期や費用を節約できるというメリットはありますが、下地板や防水層はそのままのため、その部分の劣化が進行する可能性があります。

トタン屋根のカバー工法については下記をご覧ください。

下地が傷んでいる場合は葺き替えを

雨漏りが起こって下地まで傷んでいる場合には葺き替えがおすすめです。
トタン屋根の一つである瓦棒葺き屋根では、内部の木材である芯材が腐食して、軒先の下地まで腐食しているケースが多くみられます。
そうなると葺き替え工事が必要になります。
葺き替え工事を行うと、下地まで補修ができ、屋根の耐久性が向上します。
全体的な修繕を視野にいれた場合はカバー工法と併せて葺き替えもご一考ください。

トタン屋根の葺き替え費用は?

トタン屋根の葺き替え費用は?

それでは、具体的にトタン屋根の葺き替え費用について見ていきましょう。
葺き替え費用は面積や、葺き替えの屋根材によって異なりますが、トタン屋根から葺き替える場合は前述のガルバリウム鋼板に葺き替えるのが一般的です。

概算でお伝えすると、約30坪戸建てのトタン屋根からトタンへの葺き替え費用は、70~100万円程度です。また、トタン屋根からガルバリウム鋼板への葺き替え費用は、90~140万円程度です。
工程ごとに目安となる平米当たりの単価を紹介しておきます。

仮設(足場・養生シート)工事

葺き替え工事を行う場合には必要となる足場の設置・撤去、近隣の方々に迷惑をかけないために設置する養生シートの設置・撤去にかかる費用です。
足場については、建物の形状によって費用が大きく違ってきます。

足場 500~1,000円/㎡
養生シート 200円/㎡

準備(既存屋根材やルーフィングの撤去、下地板の補修)工事

新しいトタンを葺く前に、既存の屋根材やルーフィングの撤去を行います。
もしルーフィングの下にある下地板が傷んでいる場合は、下地板の補修や張り替えを行います。
下地板については、状態によって費用が変わってきます。
また、処分費用については年々上昇傾向にあります。

既存撤去・処分費用 1,000~2,000円/㎡
下地板補修・張り替え 1,000~2,000円/㎡

防水層(アスファルトルーフィング等)工事

価格に幅があるのはルーフィングの規格が違うからです。
どのグレードのルーフィングを使用するかは屋根材の種類によっても違ってきますが、耐用年数が長いものほど高価になります。

アスファルトルーフィング 500~1,000円/㎡

屋根(ガルバリウム鋼板)工事

トタンに似たガルバリウム鋼板の施工単価は6,500~8,000円/㎡です。

トタン葺き工事 6,500~8,000円/㎡

その他工事(軒先やケラバの処理)

屋根の端部分である軒先やケラバの処理にかかる費用です。
ここは㎡ではなくmでの単価となります。
また、場合によっては雨樋の交換を同時に行う場合もありますが、雨樋については別途費用が発生します。

軒先・ケラバ処理 1,500円/m

工事管理費

直接の工事費ではありませんが、現場管理や仕事内容ごとの職人さんのスケジュール調整等の費用になります。

工事管理費 工事金額の5~10%

実際のトタン屋根の葺き替え費用例

では、例として屋根面積80㎡の家におけるトタン屋根の葺き替え費用を計算してみましょう。
ここでは足場面積は190㎡、工事単価は平均値で計算、トタンからガルバリウム鋼板の葺き替えを想定しています。

仮設工事 750円/㎡×19㎡0=190,000円
準備工事 (1,500円/㎡+1,500円/㎡)×80㎡=240,000円
防水層工事 750円/㎡×80㎡=60,000円
屋根工事 7,000円/㎡×80㎡=560,000円
その他工事 1,500/m×40m=60,000円
管理費 816,000×5%=40,800円
合計 1,150,800

あとはこれに消費税がかかるので、856,800円×1.1=1,265,880円となります。

実際には建物形状が変われば価格は変動しますし、使用する屋根材やルーフィングによっても価格は変動しますので、あくまで目安としてください。

屋根葺き替え工事の費用相場、メリット・デメリットは下記でも紹介しています。

トタンの葺き替えは専門業者への依頼がおすすめ!

トタンの葺き替えは、実績と信頼のある業者に依頼するのがおすすめです。
屋根は一度葺き替えると20年は本来長持ちします。安さだけで選んでしまうと、また補修が必要になる、数年で不具合がでるなど追加で費用が必要になってしまうこともあります。
自社で施工でき、経験豊富な業者に依頼することで、後々まで長持ちする屋根を実現することができます。

葺き替え工事は施工の実績がある優良な専門業者への依頼をおすすめします。
依頼する際は複数の業者に相見積もりを依頼して、相場を把握し、比較検討することも重要です。

【まとめ】

トタンは軽量で比較的安価な屋根材です。

しかし錆やすく、塗装による定期的なメンテナンスが欠かせません。もし錆が発生して放置していると、錆が進行して穴あきや腐食が発生し、雨漏りを起こしてしまいます。

トタン屋根のリフォーム方法にはカバー工法や葺き替えがありますが、下地まで腐食している場合には葺き替え工事が必要です。
最近ではトタン屋根からの葺き替えにはトタンではなく、ガルバリウム鋼板屋根が主流となっています。

約30坪戸建てのトタン屋根からガルバリウム鋼板への葺き替え費用は、90~140万円程度です。

屋根の葺き替え工事は信頼できる業者に依頼することで長く安心して暮らすことができます。

「雨漏り修理の達人」には雨漏り修理だけでなく、数々の葺き替え工事を手掛けてきた屋根職人も多数登録されています。

雨漏り修理の達人へのお問い合わせはこちら

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内