1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理にかかる工事日数

雨漏り修理にはどれくらい日数がかかるの?

雨漏り修理は、非常に緊急性の高い工事です。
理由として、雨漏りをそのままにしておくと、他の材料にまで腐敗が及んでしまう恐れがあり、そうなってしまうと修理費用が高くなってしまうからです。

そのため、雨漏りが発生すれば、すぐにでも工事をした方が良いのですが、
「一体どのくらいの日数がかかるのだろう」
と不安に思っている人もいるのではないかと思います。

雨漏り修理は、どのような手段で修繕したとしても、1週間~2週間程度かかります。
しかし、定期的に点検をすれば、軽度の修繕で状態が維持することも可能です。
場合によっては数時間で終わるような修繕で状態を維持する事もできるので、やはり雨漏りが発生する前に手を打つ事が重要なのです。

それでは、具体的に雨漏り修理にかかる工事日数を見ていきましょう。

 

雨漏り修理にかかる一般的な日数

雨漏りの原因となるのは、大きく分けると屋根と外壁になります。

屋根の場合は

・塗装:2週間
・カバー工法:1週間
・葺き替え:10日間

が目安になります。

外壁の場合には

・塗装:2週間

が目安になっています。
あくまでも目安であり、天候や時期によっても工期に差が出ます。

雨漏り修理は、基本的に晴れの日にしか工事できません。
そのため、梅雨などの季節は上記よりも日数がかかることもありますし、反対に晴れの日が続く場合には工期が短くなります。

また、塗装を行う場合は、下地が完全に乾いてから次の作業に取り掛かるので、湿気の少ない時期の方が工期は短くなりやすいです。

 

急勾配の屋根には足場費用・日数がかかる

雨漏りの原因が屋根であった場合には、屋根の勾配によっては足場を組む必要性があります。
勾配は、角度以外にも「寸」で表現されることが多く、6寸以上の勾配には足場の設置が義務付けられています。

そのため、ご自宅の屋根が6寸以上の勾配の屋根であれば、足場を組む日数と費用がかかることになります。

 

あまりに工期が短い業者には注意が必要

修理業者によっては、
「他の業者より短納期で修理します」
ということを売りにしている所もあります。

しかし、上述の通り、一般的な工期にはある程度意味があります。
例えば塗装であれば下地が完全に乾く時間が必要となります。
つまり、言い換えれば「しっかりした雨漏り修理を行うには一定期間以上が必要」という事なのです。

もしも工期が短い理由が「手抜き」によるものであった場合、一時的に雨漏りは解消されるかもしれませんが、早い場合には数ヶ月後に再発するという可能性もあります。
そのため、ある程度工事に日数がかかるのは仕方ないと受け入れ、しっかりとした業者を選ぶようにしましょう。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

カバー工法で雨漏りを止める

カバー工法で雨漏りを止める

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

雪も雨漏りの原因に!?

雪も雨漏りの原因に!?

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!



PAGE TOP