1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 京都市北区にて瓦屋根の雨漏り修理

雨漏り修理の施工実績
work

京都市北区にて瓦屋根の雨漏り修理

Before

京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工前の写真

After

京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工前の写真

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

京都市北区のお客様より、瓦屋根から雨漏りがしているとご相談をいただきました。
現場を拝見したところ、瓦のズレもなく一見綺麗に葺かれていますが、下地の葺き土が風化して熨斗瓦が緩んでいるのが原因で、棟の中に雨水が侵入していました。更に、つなぎ目の漆喰も劣化が原因で隙間ができている状態です。雨漏りの原因はこれらの部分のようです。
お客様のご要望としては、屋根の雰囲気を変えずに修理したいとのことでしたので、既存の瓦を再利用する葺き戻し工事を行い運びとなりました。

施工前の様子

こちらが施工前の写真です。
先程もご説明した通り熨斗瓦と漆喰部分に問題があります。

京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工前の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工前の写真

また、棟瓦をはがしてみると、隅切りをしていない瓦がありました。
隅切りをしていないと、水が侵入しやすくなり雨漏りを引き起こす原因となります。
そういった状態でしたので、瓦一枚一枚に溝をつけて水がうまく排出されるよう加工しました。

施工中の様子

京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工中の写真

今回は、葺き土ではなく南蛮漆喰を使用しました。
元々の熨斗瓦は穴が開いていませんでしたので、銅線緊結させるために穴をあけました。このように施工することでズレや落下防止につながります。
また、つなぎ目にはコーキングを打って防水しています。
更に、棟の結合部分には雨漏り対策強化のため、ガルバリウム鋼板を中に入れていてます。

施工後の様子

これで瓦屋根の葺き直し工事が終わりました。

京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工後の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工後の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工後の写真京都市北区の瓦屋根の雨漏り修理 施工後の写真

お伝えしたいこと

葺き戻し工事は、既存の瓦を再利用して修理を行います。瓦のズレを補修できる他、瓦を固定している漆喰や銅線も新しくなりますので、棟の防水性能を高めることができます。
ただ元々の瓦を利用するのでコストを抑えることができますが、瓦の再利用不可のケースがほとんどですので、相談の上工事をご検討ください。
屋根の葺き直しってどんな工法?特徴やメリットなどを徹底解説
京都の雨漏り修理、屋根修理はRe,ルーフにお任せください!

工事の概要

現場住所 京都市北区
施工内容 瓦屋根の雨漏り修理
施工箇所詳細 棟瓦・熨斗瓦
施工期間 3日
使用屋根材1 南蛮漆喰

PROFILEこの工事は私が担当しました

京都市右京区の雨漏り修理の達人「株式会社Re.ルーフ」

株式会社Re,ルーフ 竹村 督史(たけむら とくし)

お客様の要望に寄り添うご提案、丁寧な仕事は当たり前!
プラスアルファをお届けできるように努めています。

この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ

この都道府県のその他の施工実績

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内