1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 二階建ての一階天井にシミが。考えられる原因とは?

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

二階建ての一階天井にシミが。考えられる原因とは?

二階建ての一階天井にシミができた経験はありませんか?

二階天井と違って一階天井のシミはさまざまな原因が考えられるため、どのように対応したらいいか迷ってしまいますよね。

しかし、事前にシミができる原因を把握していれば落ち着いて対応できます。

そこで今回は、一階天井のシミで考えられる原因やシミを放置するリスク、さらにシミの対処法や費用相場などについて解説していきます。

本記事を読んで、万が一天井にシミを見つけても慌てずに冷静な対応を心がけましょう。

一階天井にシミができる原因4つ

どのようなケースで一階の天井にシミが発生してしまうのでしょうか。

一階天井にシミができる原因には、以下の4つが考えられます。

・雨漏り

・水まわりからの水漏れ

・小動物の糞尿

・天井の接着剤

ひとつずつ解説していきます。

【原因1】雨漏り

一階天井にシミができる代表的な原因として、雨漏りが考えられます。

建物が二階建ての場合、雨漏りは二階に発生すると思ってしまいがちですが、一階天井に発生する可能性は十分にあります。

一階天井の雨漏りでは、たくさんの雨漏り原因が考えられるため、修理に際しては雨漏り原因を正確に突き止めることが重要です。

【原因2】水まわりからの水漏れ

二階の水まわりで発生した水漏れが、一階の天井にシミとして現れることがあります。

二階に水まわりがある場合には、一階の天井裏に配管が通っているケースがあります。

配管の劣化などにより二階の水まわりで水漏れが発生すると、階下の一階天井にシミが発生します。

そのため、二階に水まわりを設置することの多い二世帯住宅などでは特に注意が必要です。

【原因3】小動物の糞尿

ネズミやハクビシンといった小動物の糞尿によって、一階天井にシミができることもあります。

このようなことが原因で一階天井にシミができた場合には、長期にわたって天井裏に小動物が棲みついている可能性が考えられます。

建物の衛生面的にも良い状態とは言えないため、早い段階で対応しなければなりません。

【原因4】天井の接着剤

築年数が経過した建物の場合、新築時に施工した天井の接着剤がシミになることもあります。

特に、和室の天井に使用される接着剤は、経年劣化とともにシミになるケースが多く見られます。

シミの原因が天井の接着剤である場合には建物への影響は少ないため、しばらく経過観察してもよいでしょう。

天井のシミを放置するリスク

室内の天井にシミを見つけた場合には、放置せず早めに対処しましょう。

ここでは、天井のシミを放置した場合のリスクについて解説していきます。

天井のシミを放置するリスクは、以下のとおりです。

・建物の劣化

・シロアリ被害

・漏電

・人体への影響

・建物の資産価値低下

それでは、順に見ていきましょう。

(1)建物の劣化

天井にあるシミの原因が雨漏りや水漏れの場合には、建物の劣化につながります。

雨漏りや水まわりからの水漏れ、さらに小動物の糞尿などは放置すればするほど、建物の劣化が進行します。

特に、木造住宅などでは建物の構造体が劣化するため、早期の対応が必要不可欠です。

(2)シロアリ被害

雨漏りや水漏れによるシミの発生は、シロアリ被害に遭う可能性が高まります。

雨漏りや水漏れなどで建物内部にある木部が水分を含んでしまうと、湿気を好むシロアリの標的になってしまいます。

建物内部の木部が一度シロアリの被害に遭ってしまうと、急速に被害が広がってしまい、最悪建て替えが必要になることもあるので注意しましょう。

(3)漏電

天井のシミを放置して雨漏りや水漏れが進行すると、漏電を招く可能性があります。

建物で発生した漏電は、最悪の場合火災を引き起こす可能性もあります。

急な漏電は生活にも支障をきたすため、天井のシミは放置せず早急に対処しましょう。

(4)人体への影響

天井のシミを放置することにより室内がカビ臭くなると、人体への影響も視野に入れなければなりません。

天井のシミを放置してカビ臭い部屋で生活を続けると、アレルギーの症状やシックハウス症候群などを発症する可能性があります。

部屋に出入りする家族にも健康被害が及ぶ可能性もあるため、天井のシミを放置することは避けましょう。

(5)建物の資産価値低下

天井のシミを放置して建物の劣化が進行すると、建物における資産価値の低下を招いてしまいます。

特に、雨漏りやシロアリ被害などによって建物の構造体が著しく劣化すると、建物の売却自体も困難になってしまいます。

将来的に建物の売却を視野に入れている場合には、天井のシミを放置してはいけません。

天井にシミを作る雨漏りの原因

天井にシミができる原因として最も多いのが「雨漏り」です。

雨漏りによる天井のシミを修理する際は、第一に雨漏りの原因を明確にすることが必要になります。

そのため、事前に天井にシミを作る雨漏りの原因を把握しておきましょう。

天井にシミを作る雨漏りの原因は、以下のとおりです。

・屋根

・外壁

・バルコニー

・窓まわり

ひとつずつ簡単に確認していきましょう。

(1)屋根

屋根からの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・屋根材のひび割れ・破損

・棟板金の破損・錆

・漆喰のひび割れ

・防水ルーフィングシートのヨレ・破れ

屋根には数多くの材料が使用されており、それらが経年劣化することによって雨漏りが発生します。

屋根の形状や屋根材の種類などによっても、個々の材料で耐用年数は異なるため、適切にメンテナンスすることにより雨漏りを予防できます。

屋根の状態は自分で確認することが難しいため、定期的な屋根の点検を専門業者に依頼しましょう。

(2)外壁

二階の外壁から雨漏りで、一階の天井にシミが発生する可能性があります。

外壁からの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・外壁のひび割れ・欠け

・外壁のズレ・浮き

・防水コーキングのひび割れ

外壁から雨漏りが発生する原因には、外壁劣化と防水コーキング劣化の2つが考えられます。

外壁における雨漏りの原因としては、外壁の劣化よりも防水のコーキング劣化によるものが多く見られます。

二階の外壁に施工されている防水コーキングの劣化状況は、地上から目視で確認することは困難なため、外壁の点検についても専門業者に依頼しましょう。

(3)バルコニー

二階にあるバルコニーからの雨漏りで、一階の天井にシミができることがあります。

バルコニーからの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・防水コーキングのひび割れ

・防水シートのヨレ・破れ

・バルコニーの破損・錆

バルコニーにおける雨漏りの原因としては、防水コーキングの劣化だけでなく防水シートやバルコニー本体の劣化などが挙げられます。

バルコニーの形状や使用している材料、防水の方法などによって雨漏りの原因は異なるため、バルコニーに適切なメンテナンスを実施する必要があります。

(4)窓まわり

二階にある窓からの雨漏りで、一階の天井にシミができることがあります。

窓まわりからの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・防水コーキングのひび割れ

・窓ガラスのひび割れ

・サッシに使用されたゴムパッキンの劣化

二階にある窓における防水コーキングの状態については、専門業者に点検を依頼しましょう。

一方、窓ガラスのひび割れやゴムパッキンの劣化については、室内からセルフチェックができるため、普段の生活から意識することが大切です。

天井のシミの対処法と費用相場

天井にシミを見つけたしても、その対処法や費用相場を把握していれば慌てることなく対応できるでしょう。

ここでは、以下の原因における対処法と費用相場について解説します。

・雨漏り

・水まわりの水漏れ

・小動物の糞尿

・天井の接着剤

それでは、個々の内容を確認していきましょう。

(1)雨漏り

天井にできたシミの原因が雨漏りであった場合、その対処法と費用相場は以下のとおりです。

【屋根】

・雨樋の清掃:1〜5万円

・屋根材の補修・部分交換:3〜10万円

・胸板金の補修・交換:5〜50万円

・漆喰の打ち直し:10〜50万円

・屋根のカバー工法:70〜200万円

・屋根の葺き替え:150〜300万円

なお、屋根の雨漏り補修では上記の金額とは別に、仮設足場の代金がかかるので注意しましょう。

【外壁】

・外壁の部分補修:2〜5万円

・防水コーキングの打ち替え:1〜15万円

・部分的な外壁交換:15〜50万円

なお、二階外壁の雨漏り補修では、内容によって上記の金額とは別に仮設足場の代金がかかることがあります。

【バルコニー】

・防水コーキングの打ち替え:1〜5万円

・防水シートの補修:5〜50万円

・バルコニーの交換:50〜100万円

なお、バルコニーの形状や設置状況によっては、上記の金額とは別に仮設足場の代金がかかることがあります。

【窓まわり】

・防水コーキングの打ち替え:1〜15万円

・窓ガラスの交換(1箇所あたり):5〜20万円

・サッシのゴムパッキン交換(1箇所あたり):1〜2万円

なお、二階の窓まわりにおける雨漏り補修では、内容によって別途仮設足場の代金がかかる場合があります。

(2)水まわりの水漏れ

天井にできたシミの原因が水まわりの水漏れであった場合は、まずは止水栓を閉めて水漏れの被害拡大を防ぐことが大切です。

その後、水道業者を手配して水漏れ原因の究明に努めましょう。

なお、修理にかかる費用は水漏れの原因によって大きく異なります。簡易的な補修で水漏れが止まったとしても、1万円程度の費用はかかる傾向があります。

(3)小動物の糞尿

天井にできたシミの原因が小動物の糞尿であった場合には、小動物の駆除業者を手配しましょう。

作業内容によっては屋根裏に入ったり、天井を開口したりするため、屋根裏への点検口が収納内にある場合には事前に整理しておきましょう。

小動物の駆除にかかる費用は、被害の範囲は作業内容によって大きく異なり、3万円からが目安となります。

(4)天井の接着剤

天井にできたシミの原因が天井の接着剤であった場合には、建物への影響はほぼありません。

しばらく経過観察した後、美観上どうしても気になる場合には、天井クロスの貼り替えや天井材の交換を検討しましょう。

・二階建ての一階天井にシミができた経験はありませんか?

 二階天井と違って一階天井のシミはさまざまな原因が考えられるため、どのように対応したらいいか迷ってしまいますよね。

 しかし、事前にシミができる原因を把握していれば落ち着いて対応できます。

 そこで今回は、一階天井のシミで考えられる原因やシミを放置するリスク、さらにシミの対処法や費用相場などについて解説していきます。

 本記事を読んで、万が一天井にシミを見つけても慌てずに冷静な対応を心がけましょう。

 一階天井にシミができる原因4つ

どのようなケースで一階の天井にシミが発生してしまうのでしょうか。

 一階天井にシミができる原因には、以下の4つが考えられます。

 ・雨漏り

 ・水まわりからの水漏れ

 ・小動物の糞尿

 ・天井の接着剤

 ひとつずつ解説していきます。

 【原因1】雨漏り

一階天井にシミができる代表的な原因として、雨漏りが考えられます。

 建物が二階建ての場合、雨漏りは二階に発生すると思ってしまいがちですが、一階天井に発生する可能性は十分にあります。

 一階天井の雨漏りでは、たくさんの雨漏り原因が考えられるため、修理に際しては雨漏り原因を正確に突き止めることが重要です。

 【原因2】水まわりからの水漏れ

二階の水まわりで発生した水漏れが、一階の天井にシミとして現れることがあります。

 二階に水まわりがある場合には、一階の天井裏に配管が通っているケースがあります。

 配管の劣化などにより二階の水まわりで水漏れが発生すると、階下の一階天井にシミが発生します。

 そのため、二階に水まわりを設置することの多い二世帯住宅などでは特に注意が必要です。

 【原因3】小動物の糞尿

ネズミやハクビシンといった小動物の糞尿によって、一階天井にシミができることもあります。

 このようなことが原因で一階天井にシミができた場合には、長期にわたって天井裏に小動物が棲みついている可能性が考えられます。

 建物の衛生面的にも良い状態とは言えないため、早い段階で対応しなければなりません。

 【原因4】天井の接着剤

築年数が経過した建物の場合、新築時に施工した天井の接着剤がシミになることもあります。

 特に、和室の天井に使用される接着剤は、経年劣化とともにシミになるケースが多く見られます。

 シミの原因が天井の接着剤である場合には建物への影響は少ないため、しばらく経過観察してもよいでしょう。

 天井のシミを放置するリスク

室内の天井にシミを見つけた場合には、放置せず早めに対処しましょう。

 ここでは、天井のシミを放置した場合のリスクについて解説していきます。

 天井のシミを放置するリスクは、以下のとおりです。

 ・建物の劣化

 ・シロアリ被害

 ・漏電

 ・人体への影響

 ・建物の資産価値低下

 それでは、順に見ていきましょう。

 (1)建物の劣化

天井にあるシミの原因が雨漏りや水漏れの場合には、建物の劣化につながります。

 雨漏りや水まわりからの水漏れ、さらに小動物の糞尿などは放置すればするほど、建物の劣化が進行します。

 特に、木造住宅などでは建物の構造体が劣化するため、早期の対応が必要不可欠です。

 (2)シロアリ被害

雨漏りや水漏れによるシミの発生は、シロアリ被害に遭う可能性が高まります。

雨漏りや水漏れなどで建物内部にある木部が水分を含んでしまうと、湿気を好むシロアリの標的になってしまいます。

建物内部の木部が一度シロアリの被害に遭ってしまうと、急速に被害が広がってしまい、最悪建て替えが必要になることもあるので注意しましょう。

(3)漏電

天井のシミを放置して雨漏りや水漏れが進行すると、漏電を招く可能性があります。

建物で発生した漏電は、最悪の場合火災を引き起こす可能性もあります。

急な漏電は生活にも支障をきたすため、天井のシミは放置せず早急に対処しましょう。

(4)人体への影響

天井のシミを放置することにより室内がカビ臭くなると、人体への影響も視野に入れなければなりません。

天井のシミを放置してカビ臭い部屋で生活を続けると、アレルギーの症状やシックハウス症候群などを発症する可能性があります。

部屋に出入りする家族にも健康被害が及ぶ可能性もあるため、天井のシミを放置することは避けましょう 

(5)建物の資産価値低下

天井のシミを放置して建物の劣化が進行すると、建物における資産価値の低下を招いてしまいます。

特に、雨漏りやシロアリ被害などによって建物の構造体が著しく劣化すると、建物の売却自体も困難になってしまいます。

将来的に建物の売却を視野に入れている場合には、天井のシミを放置してはいけません。

天井にシミを作る雨漏りの原因

天井にシミができる原因として最も多いのが「雨漏り」です。

雨漏りによる天井のシミを修理する際は、第一に雨漏りの原因を明確にすることが必要になります。

そのため、事前に天井にシミを作る雨漏りの原因を把握しておきましょう。

天井にシミを作る雨漏りの原因は、以下のとおりです。

・屋根

・外壁

・バルコニー

・窓まわり

ひとつずつ簡単に確認していきましょう。

(1)屋根

屋根からの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・屋根材のひび割れ・破損

・棟板金の破損・錆

・漆喰のひび割れ

・防水ルーフィングシートのヨレ・破れ

屋根には数多くの材料が使用されており、それらが経年劣化することによって雨漏りが発生します。

屋根の形状や屋根材の種類などによっても、個々の材料で耐用年数は異なるため、適切にメンテナンスすることにより雨漏りを予防できます。

屋根の状態は自分で確認することが難しいため、定期的な屋根の点検を専門業者に依頼しましょう。

 (2)外壁

二階の外壁から雨漏りで、一階の天井にシミが発生する可能性があります。

外壁からの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・外壁のひび割れ・欠け

・外壁のズレ・浮き

・防水コーキングのひび割れ

外壁から雨漏りが発生する原因には、外壁劣化と防水コーキング劣化の2つが考えられます。

外壁における雨漏りの原因としては、外壁の劣化よりも防水のコーキング劣化によるものが多く見られます。

二階の外壁に施工されている防水コーキングの劣化状況は、地上から目視で確認することは困難なため、外壁の点検についても専門業者に依頼しましょう。

(3)バルコニー

二階にあるバルコニーからの雨漏りで、一階の天井にシミができることがあります。

バルコニーからの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

・防水コーキングのひび割れ

・防水シートのヨレ・破れ

・バルコニーの破損・錆

バルコニーにおける雨漏りの原因としては、防水コーキングの劣化だけでなく防水シートやバルコニー本体の劣化などが挙げられます。

バルコニーの形状や使用している材料、防水の方法などによって雨漏りの原因は異なるため、バルコニーに適切なメンテナンスを実施する必要があります。

 (4)窓まわり

二階にある窓からの雨漏りで、一階の天井にシミができることがあります。

窓まわりからの雨漏りでは、以下のような原因が考えられます。

 ・防水コーキングのひび割れ

 ・窓ガラスのひび割れ

 ・サッシに使用されたゴムパッキンの劣化

 二階にある窓における防水コーキングの状態については、専門業者に点検を依頼しましょう。

 一方、窓ガラスのひび割れやゴムパッキンの劣化については、室内からセルフチェックができるため、普段の生活から意識することが大切です。

 天井のシミの対処法と費用相場

天井にシミを見つけたしても、その対処法や費用相場を把握していれば慌てることなく対応できるでしょう。

 ここでは、以下の原因における対処法と費用相場について解説します。

 ・雨漏り

 ・水まわりの水漏れ

 ・小動物の糞尿

 ・天井の接着剤

 それでは、個々の内容を確認していきましょう。

 (1)雨漏り

天井にできたシミの原因が雨漏りであった場合、その対処法と費用相場は以下のとおりです。

 【屋根】

・雨樋の清掃:1〜5万円

 ・屋根材の補修・部分交換:3〜10万円

 ・胸板金の補修・交換:5〜50万円

 ・漆喰の打ち直し:10〜50万円

 ・屋根のカバー工法:70〜200万円

 ・屋根の葺き替え:150〜300万円

 なお、屋根の雨漏り補修では上記の金額とは別に、仮設足場の代金がかかるので注意しましょう。

 【外壁】

・外壁の部分補修:2〜5万円

 ・防水コーキングの打ち替え:1〜15万円

 ・部分的な外壁交換:15〜50万円

 なお、二階外壁の雨漏り補修では、内容によって上記の金額とは別に仮設足場の代金がかかることがあります。

 【バルコニー】

・防水コーキングの打ち替え:1〜5万円

 ・防水シートの補修:5〜50万円

 ・バルコニーの交換:50〜100万円

 なお、バルコニーの形状や設置状況によっては、上記の金額とは別に仮設足場の代金がかかることがあります。

【窓まわり】

・防水コーキングの打ち替え:1〜15万円

 ・窓ガラスの交換(1箇所あたり):5〜20万円

 ・サッシのゴムパッキン交換(1箇所あたり):1〜2万円

 なお、二階の窓まわりにおける雨漏り補修では、内容によって別途仮設足場の代金がかかる場合があります。

(2)水まわりの水漏れ

天井にできたシミの原因が水まわりの水漏れであった場合は、まずは止水栓を閉めて水漏れの被害拡大を防ぐことが大切です。

 その後、水道業者を手配して水漏れ原因の究明に努めましょう。

 なお、修理にかかる費用は水漏れの原因によって大きく異なります。簡易的な補修で水漏れが止まったとしても、1万円程度の費用はかかる傾向があります。

 (3)小動物の糞尿

天井にできたシミの原因が小動物の糞尿であった場合には、小動物の駆除業者を手配しましょう。

 作業内容によっては屋根裏に入ったり、天井を開口したりするため、屋根裏への点検口が収納内にある場合には事前に整理しておきましょう。

 小動物の駆除にかかる費用は、被害の範囲は作業内容によって大きく異なり、3万円からが目安となります。

 (4)天井の接着剤

天井にできたシミの原因が天井の接着剤であった場合には、建物への影響はほぼありません。

 しばらく経過観察した後、美観上どうしても気になる場合には、天井クロスの貼り替えや天井材の交換を検討しましょう。

 ・天井クロス貼り替え:5万円〜

・天井材交換:10万円〜

【まとめ】天井にシミを見つけたら原因を正確に突き止めよう

今回は、一階天井のシミで考えられる原因やシミを放置するリスク、さらにシミの対処法や費用相場などについて解説しました。

一階天井にシミが発生した際に考えられる原因は、雨漏りや水漏れなど多岐にわたります。

天井のシミをそのまま放置すると、建物の劣化や人体への影響に加え、最悪の場合は火災を招いてしまう恐れもあるため、早急な対応が欠かせません。

天井のシミを補修する際には、シミの原因を正確に突き止めることが大切になります。

雨漏りの専門業者が数多く集う「雨漏り修理の達人」では、職人の写真や会社情報を確認しながら自分に合った優良業者を探せるため、信頼できる業者が簡単に見つかります。

天井のシミや屋根の状態が気になる場合には、ぜひ「雨漏り修理の達人」を活用してくださいね。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

京都で雨漏り修理をするならどこに頼む?オススメ4社をご紹介!

京都で雨漏り修理をするならどこに頼む?オススメ4社をご紹介!

雨漏りに強い屋根はどれ?屋根の種類を比較検証!

雨漏りに強い屋根はどれ?屋根の種類を比較検証!

屋根で最も雨漏りしやすい?!谷板金の役目やメンテナンスについて

屋根で最も雨漏りしやすい?!谷板金の役目やメンテナンスについて

京都で多い土葺き瓦屋根 雨漏りの原因と修理方法について

京都で多い土葺き瓦屋根 雨漏りの原因と修理方法について

モニエル瓦とは?雨漏り原因とメンテナンス、塗装における注意点

モニエル瓦とは?雨漏り原因とメンテナンス、塗装における注意点

屋根に草や苔が生えると雨漏りの危険が!放っておかず早めの対策を

屋根に草や苔が生えると雨漏りの危険が!放っておかず早めの対策を

大阪でおすすめの雨漏り修理業者をご紹介!お得に修理するには?

大阪でおすすめの雨漏り修理業者をご紹介!お得に修理するには?

京町家などにみられる漆喰壁の雨漏りを防ぐ方法とメンテナンス

京町家などにみられる漆喰壁の雨漏りを防ぐ方法とメンテナンス

塩害に強い屋根材と塩害を防ぐメンテナンス

塩害に強い屋根材と塩害を防ぐメンテナンス

セメント瓦の雨漏り原因とメンテナンスについて

セメント瓦の雨漏り原因とメンテナンスについて



PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内