1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 雪も雨漏りの原因に!?

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

雪も雨漏りの原因に!?

桜も咲いて、春になってきたので雪が降る心配は少なくなりましたが、実は雪の日は雨漏りの報告が非常に多くなります。
なぜ、雪の日だと雨漏りが起きやすいのでしょうか?

雪が雨漏りの原因になる理由とは

屋根に長い時間とどまる

まず、単純に雨に比べて雪が屋根の上に長時間残る、という理由があります。
雨であれば、屋根に降り注いだ雨は屋根の勾配を伝ってすぐに下に流れ落ちます。しかし、雪の場合は、屋根の勾配にもよりますが、積もってしまい、長時間屋根の上に居座ります。
仮に、屋根の防水層にほんの僅かな亀裂があったとしましょう。勢いよく流れる雨であれば、ほんのわずかの亀裂であれば、通り過ぎてしまうことも考えられますが、雪が亀裂の上に積もってしまったら、そこから雪解け水が浸入する可能性は高くなります。

 

雪の重み

次に考えられるのが、雪の荷重などによる理由です。降り積もる雪はかなりの重さになります。
もちろん、積雪に耐えられるように設計されていますが、まったく影響が無いわけではありません。屋根に雪が積もり、その重みで屋根の部材がたわんでしまったり、雪の荷重で押しつぶされて、屋根の一部が歪んでしまうようなことはあり得ます。
そうなると、通常は隙間なく密閉されていた場所にわずかな隙間が出来てしまい、そこから水が浸入してしまうという可能性はあり得ます。
雪が解けて荷重が取り除かれれば、また元通りに戻ればいいですが、破損してしまい雪解け後も直らない可能性もあるので、大雪の後は地震や台風などと一緒で、しっかりと点検して雨漏りを事前に防いだ方がいいでしょう。

 

建物の構造的に水の侵入を許す場合も・・・

そして最後に、珍しい事例ですが、雪が降り積もることが理由で雪の日に雨漏りが起きることがあります。
これはどういうことかと言うと、通常、建物は上から降る雨を建物内に入れないように出来ています。逆に言うと上からじゃなく、下や横から水が吹き付けた場合は雨漏りしてしまうことがあります。
例えば、家の換気扇の排気口などを見てみてください。ガラリと言って、横桟の斜めに隙間を作った通気口があるはずです。よく見ると、上から降る水が建物の内部に侵入しないように外側へ向けて斜め下に横桟が付いています。そのため、下から水が吹き付けた場合は建物内部に水が浸入することになります。よほどの強風でなければ下から吹き付ける雨はありませんが、雪が降り積もり、下から建物内へ侵入してくるという事例は稀にあるんです。

このように、雪は雨以上に雨漏りの原因になりやすいんです。雪の日はいつも以上に雨漏りに注意しましょう。

雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の郵便番号任意
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
症状必須

雨漏り修理専門業者が教える基礎知識

カバー工法で雨漏りを止める

カバー工法で雨漏りを止める

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨漏り修理業者の失敗しない選び方とは?業者選びのポイントを徹底解説

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

雨の日は床から侵入する雨水にもご用心!床下からの雨漏りは建物のSOSかも

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

発見が難しい!特殊な雨漏りは鉄筋コンクリート造りの建物でも発生します

雪も雨漏りの原因に!?

雪も雨漏りの原因に!?

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

雨漏りを見つけたらすぐ修理を!雨漏りを放置すると起こる大きな被害とは

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

被害が出る前に!雨漏りを予防する方法のまとめ

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

勾配のない陸屋根は雨漏り修理をしっかりと!快適な屋上ライフはメンテナンスが大事!

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

晴れの日でも雨漏りする理由とは!?雨が止んでも油断できない雨漏り被害

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!

雨漏り修理は大工さんが解決!建物の知識が抜群な大工さんに依頼しよう!



PAGE TOP