1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 京都市山科区にて増築部分からの雨漏り修理

雨漏り修理の施工実績
work

京都市山科区にて増築部分からの雨漏り修理

Before

瓦のずれ

After

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

京都市山科区にお住まいのお客様より、築26年のお家の増築部分から雨漏りしているというご相談をいただきました。
3階建ての2階に増築されていて、2階の屋根と増築された3階の壁のつなぎ目部分が雨漏りを起こしていました。
5年ほど前の台風の時にも同じ箇所から雨漏りが発生し、その時に三階の窓から大工さんに出てもらってコーキングして今までは解消されていたそうです。
しかしコーキングが劣化し、ここ最近の雨でクロスに水膨れができるほど雨漏りがひどくなってきたというお悩みでした。
今回の雨漏り修理では、外壁のジョイント部にコーキング処理した上から新たにジョイント板金をカバー工事しました。

京都市山科区にて増築部分からの雨漏り修理を行った様子をご紹介します。

施工前の様子

こちらが施工前の雨漏り箇所の様子です。

京都市山科区にて増築部分からの雨漏り修理施工前

3階の壁のジョイント部と、壁と2階の屋根の取り合い部分にコーキングで止水処理をした痕跡が見られますが、経年劣化によって雨漏りを起こしていました。

2階屋根の瓦にもずれがみられます。

瓦のずれ瓦のずれ

こちらが今回施工前にお客様に提出した施工範囲の資料です。

お客様に提出した施工資料

施工中の様子

雨漏りを起こしていた3階の壁のジョイント部分にコーキングを下打ちをして、横目地を伝ってくる水を止水し、コーキングを保護するために上から板金でカバーをします。

壁のジョイント部のコーキング壁のジョイント部のコーキング壁のジョイント部のカバー工事

2階屋根と3階壁の取り合い部分の板金が下地なしで施工されていたので、簡単に持ち上がり、強い風が吹くとめくれるような状態でしたので、強度のある下地で施工しています。
板金と壁部には壁際シーリングで止水処理をしています。

取り合い部の水切り板金の下地施工 取り合い部の水切り板金の下地施工

また瓦のずれも補修いたしました。

瓦のずれ補修後

完工

こちらが施工後の様子です。

京都市山科区にて増築部分からの雨漏り修理施工後

本来は、既存の壁の中に板金水切りの立ち上がりを作って雨水を排するのが理想ですが、お客様のご予算の都合などもあり、外壁工事は行わず部分的な雨漏り修理で対応させていただきました。
雨漏りも止っていることを確認いたしました。

工事によって改善した点・期待できる効果

劣化して雨漏りを起こしていた外壁のジョイント部にコーキングを下打ちした上で、板金でカバー工事を行うことで雨漏りが止り、コーキングの紫外線による劣化を防ぎます。
またカバーした板金を、壁際の水切り板金に被せることで、雨水が集中しやすいジョイント部がうまく排水されることで長期的に雨漏りを防ぎ、メンテナンスがいらないように工夫しました。
できる限り止付けビスの数を減らしてコーキングの圧着で施工を行うことで、ビスからの水の侵入リスクも低くなっています。
ずれていた瓦を補修することで、瓦のずれからの雨漏りリスクもなくなりました。

担当者からのコメント

この度は株式会社Re,ルーフに依頼いただき誠にありがとうございました。

今回の雨漏りは5年ほど前に一度コーキングで止水処理をされていますが、コーキング処理だけでは5年程度が限界です。
板金など金属は寒暖差によって伸縮し、コーキングは紫外線によって日々劣化し、本来の機能を失っていきます。

お客様からは、「写真で施工計画を説明してもらってとてもわかりやすかった。自分たちに合ったプランを立ててもらって雨漏りも無事に止まってとても満足しています。安心してお任せできました」というお喜びの言葉をいただきました。

屋根工事は専門的な工事で、しかも見えない場所なので、どんな工事をするのか不安という方は多いかと思います。
株式会社Re,ルーフでは事前にお客様に写真や資料などをつかってしっかりと説明を行い、お客様に安心していただけるように努めております。
また、雨漏りを確実に止めるのはもちろん、メンテナンス性や再発を防ぐための施工をご提供しております。

雨漏りは放置してしまうと、内部の腐食など大きな被害につながってしまう可能性もあります。
壁に雨染みがあるなど雨漏りの症状がみられましたら早めに専門業者にご相談ください。

京都市の雨漏り修理、屋根修理は株式会社Re,ルーフにお任せください。

京都市雨漏り修理の達人株式会社Re,ルーフ

会社の詳細については下の「この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ」をクリックしてご覧ください

工事の概要

現場住所 京都市山科区
施工内容 雨漏り修理
施工箇所詳細 外壁のジョイント部、2階の屋根と3階壁の取り合い部、屋根の一部
施工期間 1日
使用屋根材1 ガルバリウム鋼板

PROFILEこの工事は私が担当しました

京都市右京区の雨漏り修理の達人「株式会社Re.ルーフ」

株式会社Re,ルーフ 竹村 督史(たけむら とくし)

お客様の要望に寄り添うご提案、丁寧な仕事は当たり前!
プラスアルファをお届けできるように努めています。

この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ

この都道府県のその他の施工実績

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内