1. ホーム
  2.  ≫ 雨漏り基礎知識
  3.  ≫ 雨漏りの原因がすぐにわからない3つの理由を解説!雨漏り補修はプロ一択

雨漏り修理の基礎知識
KNOWLEDGE

雨漏りの原因がすぐにわからない3つの理由を解説!雨漏り補修はプロ一択

雨漏り 原因 わからない

雨漏り修理で最も重要なカギとなるのが「雨漏りがどこから発生しているのか」という原因を突き止めることです。
しかし雨漏りの原因は、発生箇所が多岐にわたり、複合的に発生したり、特定の条件でのみ発生するなど、プロの業者でもなかなかわからないことがあります。
そのため自分で応急処置やDIYで雨漏り修理を行いたくても何をどうすればいいのかわからない、ということも多いのではないでしょうか?
今回は、雨漏りの原因がすぐにわからない理由や、雨漏りの修理をプロの業者に依頼すべき理由などについて解説します。万が一雨漏りしてもすぐにプロの業者に修理を依頼すれば、被害を最小限に食い止められますよ。

このページのコンテンツ一覧

雨漏りの原因がすぐにわからない3つの理由とは?


雨漏りの原因は、なぜプロでもわかりづらいのでしょうか。雨漏りの原因がすぐにわからない理由は、次の3つです。

  1. 雨漏りのメカニズムを知らない
  2. 雨漏りが発生しやすい部位が多い
  3. 水漏れや結露の可能性もある

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

【理由1】雨漏りが発生する原因・メカニズムを知らない

雨漏り修理の原因を突き止めるには経験や知識が必要です。雨漏りはそうそう経験することでもないため、雨漏りを経験したことがなく、どのようなことが原因で雨漏りが発生するのかを知らないという人は少なくありません。そのため自宅で雨漏りが発生しても原因がわかりにくくなっています。
またプロでも、雨漏りの原因が複雑である場合、建物の構造や特定の条件のみで発生するような場合には、経験や知識がないと突き止めるのは難しくなります。
雨漏りの発生には、次のような原因が考えられます。

建物の経年劣化
屋根・外壁・防水コーキングなどは、耐用年数があり時間の経過による劣化
自然災害
台風・地震などで屋根や外壁が損傷した
施工・設計不良
施工業者の手抜き工事や経験や知識不足による施工ミス

このように雨漏りが発生する原因は非常に多岐にわたっており、雨水が浸入した箇所と雨漏りが発生する箇所が同じとは限らないため、雨漏りにおける原因の特定は簡単なことではありません。
たとえば、屋根から雨水が浸入したとしても1階で雨漏りが発生することもあります。建物に浸入した雨水の通り道を予測するのが困難であることも、雨漏りの原因がすぐにわからない要因の一つと言えるでしょう。

【理由2】雨漏りの原因となる建物の部位が多い

雨漏りの原因となる建物の部位は、必ずしも屋根だけとは限りません。たとえば、雨仕舞の目的で各部位に多用されている「防水コーキング」は、建物全体に施工されています。
大きく分けて建物において雨漏りの原因となる部位は、以下の4つがあります。

  1. 屋根
  2. 外壁
  3. バルコニー

ひとつずつ見ていきましょう。

【部位1】屋根

屋根では、以下のような材料劣化が雨漏りの原因として考えられます。

屋根材
屋根材ごとに耐用年数が決まっています。また、瓦はメンテナンスフリーと言われていますが、飛来物により割れることもあります。
棟包み
屋根の天辺を棟を金属製の建材で覆う棟包みと言います。風の影響を受けやすいので徐々に固定している釘などが抜けてきます。
ケラバ
切妻屋根や片流れ屋根を正面から見て三角形の面がある端部です。先端にあるため雨風の影響も受けやすく劣化が進みやすい場所です。
ルーフィングシート
防水の役割がある下葺き材のルーフィングシートにも耐用年数があります。劣化が進むと水を防げず建物内部に雨水が浸入してしまいます。
野地板
屋根の下地の野地板は木で出来ています。そのためルーフィングシートから漏れ出た水が染み込むと腐食してしまいます。
コーキング
屋根の各所には隙間があるところがあり、そこには防水のためコーキングが充填されています。コーキングは劣化しやすくひび割れや剥離してきます。

また、面積の広い屋根や複雑な形状の勾配屋根などでは、雨漏りの発生リスクが高くなる傾向があります。

【部位2】外壁

外壁では、以下のようなことが雨漏りの原因として考えられます。

ひび割れ
外壁材にももちろん寿命があり、耐用年数が過ぎるとひび割れを起こします。
欠け
ひび割れを補修せず放っておくと、症状が悪化し欠けてきます。
コーキングの劣化
外壁のつなぎ目にはコーキングが充填されています。これが劣化するとひび割れや剥がれてきて隙間ができます。
外壁のズレ
コーキングが劣化し外壁同士の結束が弱まるとズレが生じ、ずれた部分に隙間ができます。

意外に思われるかもしれませんが、外壁から雨漏りが発生することがあります。
こちらの記事で外壁や屋根をメンテナンスせず放置するリスクを紹介していますので、あわせてご覧ください。

外壁からの雨漏りは、断熱材があることにより室内に症状が出にくいという特徴があります。よって雨漏りを補修する際には、広範囲にわたってしっかりと被害状況を確認しましょう。

【部位3】バルコニー

バルコニーでは、以下のようなことが雨漏りの原因として考えられます。

  • 外壁とのつなぎ目
  • 防水シートなど防水層の劣化
  • 樋の詰まり
  • 防水コーキングの劣化

バルコニーは、屋根や外壁などに比べてメンテナンスの必要性が希薄になっている人が多く見られます。防水層のメンテナンスサイクルをしっかりと把握したり、定期的なバルコニーの清掃を心がけたりすることが、バルコニーにおける雨漏りリスクの軽減につながります。

【部位4】窓

窓では、以下のようなことが雨漏りの原因として考えられます。

  • 窓ガラスとサッシ枠のすき間
  • 窓ガラスのひび割れ・欠け
  • 防水コーキングの劣化

窓からの雨漏りは、台風やゲリラ豪雨など普段と異なる角度で雨が降る際に発生しやすいので注意しましょう。

【理由3】水漏れや結露の可能性もある

時間をかけて丁寧に雨漏りを調査しても原因がわからない時には、水漏れや結露が原因の可能性があることも頭に入れておきましょう。
上階にキッチンやトイレといった水まわり設備がある場合には、給排水菅の欠損やつなぎ目から水漏れが発生する可能性があります。下階の天井裏や壁の中に給排水管が隠蔽されており直接確認ができない場合などは、特に注意が必要になります。
また、結露は窓ガラスの発生が代表的ですが、給排水菅が金属製の場合には水まわりで発生することがあるので、水漏れとあわせて注意しましょう。

雨漏りの修理をプロの業者に依頼すべき3つの理由


雨漏りの修理は、自分でやらずにプロの業者に依頼するのが得策です。ここでは、雨漏りの修理をプロの業者に依頼すべきな理由を3つ解説します。

  1. 自分でできることが少ない
  2. 専門的な調査が必要
  3. 修理の方法が複雑

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【理由1】自分でできることが少ない

専門業者ではない限り、雨漏りに対して自分一人でできることは限られてしまいます。ここでは日常的にできる雨漏り対策と、雨漏りが発生した時の応急処置について見ていきましょう。

一人でできる雨漏り対策

雨漏りの対策は、主に建物まわりの点検が中心になります。日常的に一人でできる雨漏り対策には、次のようなものがあります。

外壁の点検
ひび割れ・欠け・ズレがないか点検しましょう。
バルコニーの点検・清掃
防水層が劣化しひび割れや剥がれがないか、また樋詰まっている場合は清掃しましょう。
窓の点検
ガラスのひび割れ・欠けがないか、窓枠に隙間ができていないか点検しましょう。
防水コーキングの点検
劣化してひび割れや剥離を起こしていないか点検しましょう。

このように、日常的に点検できる箇所は多くありますが、雨漏り原因になりやすい屋根の点検については、危険を伴うため必ず避けましょう。

雨漏り発生時の応急処理

雨漏りが発生した時に一人でできる応急処理は、そこまで多くありません。たとえば、天井から雨漏りが発生した時の応急処置には、次のとおりです。

  • 雨漏り箇所にバスタオルや新聞紙などを敷く
  • 洗面器やバケツなどを置き、水滴を受け止める

このような応急処置は、雨漏りの根本的な解決にはならないため、雨漏りが発生したら早い段階でプロの業者に連絡しましょう。自分で屋根に登り、ブルーシートなどで応急処置をするのは、転落などの危険があるため絶対にやめましょう。

雨漏りの発生時には、自分でなんとかしようとせずに、後で業者に見せるために雨漏り箇所の写真や動画を撮影しておく方が大事です。

【理由2】専門的な調査が必要

雨漏りが発生した際には、以下のような専門的な調査が必要になります。

【調査1】散水調査

ホースやバケツなどで意図的に水をかけて雨を再現することで、雨漏り箇所を目視で確認する調査

【調査2】赤外線カメラによる調査

赤外線カメラを用いて、雨漏り箇所を特定する調査

【調査3】ファイバースコープによる調査

ファイバースコープを屋根内部に挿入し、映像から雨漏り箇所を特定する調査

これらの調査方法は、雨漏り箇所や依頼した業者によっても異なりますが、調査には専門機器の操作における知識や、これまでにおける雨漏り調査の経験が必要になるため、プロの業者にお任せしましょう。雨漏りの調査方法については下記をご覧ください。

【理由3】修理の方法が複雑

雨漏り修理の方法は、非常に複雑です。雨漏り箇所や建物の各部位における劣化状況などによっても、最適な修理方法は異なってきます。建物の各部位における代表的な雨漏り修理には、以下のようなものがあります。

【雨漏りの修理方法1】屋根

  • 屋根材を補修後、塗装
  • 屋根材の補修・部分交換
  • 屋根全体の葺き替え・カバー工法(重ね葺き)
  • 防水コーキング打ち(板金部)

【雨漏りの修理方法2】外壁

  • 外壁を補修後、塗装
  • 外壁材の補修・部分交換
  • 外壁全体のサイディング
  • 防水コーキング打ち(目地)

【雨漏りの修理方法3】バルコニー

  • バルコニー全体の防水工事(シート・鋼板など)
  • 防水層の部分補修
  • 防水コーキング打ち(外壁とのつなぎ目など)

【雨漏りの修理方法4】窓

  • ガラス交換
  • 窓サッシ交換
  • 防水コーキング打ち(窓まわり)

このように、雨漏りの修理方法は多岐にわたっているため、修理にあたってはプロのアドバイスが非常に重要となります。
雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

雨漏りの症状と考えられる原因の例

ここでは、雨漏りの症状と考えられる原因について例を解説していきます。ここでは、以下2つの例を見ていきましょう。

  1. 天井からの雨漏り
  2. 壁からの雨漏り

それでは、ひとつずつくわしく見ていきましょう。

【例1】天井からの雨漏り

天井から雨漏りが発生した場合の症状と、考えられる雨漏りの原因は以下の通りです。

雨漏りの症状

  • 天井や天井にある照明からの雨垂れ
  • 天井の黒いシミ・カビ
  • 天井クロスのたわみ・剥がれ

考えられる雨漏りの原因

  • 屋根材の劣化(ひび割れ・欠け・破損)
  • 防水コーキングの劣化(屋根・外壁・バルコニーなど)
  • バルコニーの劣化(防水層・樋詰まりなど)
  • 上階にある外壁や窓の劣化(ひび割れなど)


【例2】壁からの雨漏り

次に、室内の壁から雨漏りが発生した場合の症状と、考えられる雨漏りの原因は以下の通りです。

雨漏りの症状

  • 壁の黒いシミ・カビ
  • 壁クロスのたわみ・剥がれ
  • 壁への水滴の付着
  • 壁近くの床の変色・軟化

考えられる雨漏りの原因

  • 外壁材の劣化(ひび割れ・欠け・破損)
  • 防水コーキングの劣化(外壁・窓まわり・バルコニーなど)
  • バルコニーの劣化(防水層・樋詰まりなど)

雨漏りの特定が困難な雨漏り修理の事例

雨漏り修理において原因が困難であった修理の事例をご紹介します。

独自構造のルーフデッキからの雨漏り修理

川崎市幸区のルーフデッキからの雨漏り修理 施工前写真川崎市幸区のルーフデッキからの雨漏り修理 施工中写真川崎市幸区のルーフデッキからの雨漏り修理 施工中写真川崎市幸区のルーフデッキからの雨漏り修理 施工後写真

以前からルーフデッキ付近から雨漏りが発生していて、これまで雨漏り修理業者に4件ほど調査を依頼しても原因がわからず、雨漏りがとまらないため困っていると不動産会社から紹介されました。
こちらの現場は、大手ハウスメーカー独自の工法で設計されており、内部が見えず調査しにくい状態でした。
雨漏りの症状から、怪しい箇所を見定めて念入りに1つずつ散水調査を行ったところ、1時間ほどで判明しました。
デッキの内部が原因のため、原因箇所を剥がして修理を行い、新しいデッキ材を施工しています。
施工後にも放水テストを行い、雨漏りが再発しないことを確認しています。
今後のメンテナンスを考えて点検口も設置しました。
状況から推察して、丹念に雨漏り調査を行い、最後にも再発しないことを確認することが重要です。

現場住所 川崎市幸区
施工内容 ルーフデッキの雨漏り修理

こちらの施工実績の詳細は下記をご覧ください。

屋上防水の劣化と屋根スラブの損傷による雨漏り

こちらは鉄筋コンクリート造の建物で、室内に雨漏りが発生していました。
雨漏りは、屋上の屋根スラブの端を覆う板金が劣化して剥がれてむき出しになっていたことにより発生していました。
屋上には大抵パラペットという立ち上がりの低い壁がありますが、こちらにはパラペットがなく、本来なら周囲にめぐらされた雨樋に水が流れる設計になっています。しかし先端部をカバーする板金が剥がれてしまったことによって、雨水が屋根スラブの裏を通って建物内部へと入り込んでいました。
散水調査を屋根スラブ付近で普通に行っても室内への雨漏りが確認できませんでしたが、お客様が常に雨漏りをするわけではないと言われていたことと、スラブの奥に錆が見えることから、「一定以上の風があるときに雨が降って角度によって吹き込み、雨漏りしているのではないか」と仮説を立て、45度程度の角度をつけて散水を行ったところ、室内に雨が漏れてきました。
このように雨漏りは特定の条件が複合的に組み合わさって発生することも多いため、状況などから推察して仮説を立てて立証することが重要です。
露出している屋根スラブの端を板金で覆って補修し、そして劣化していた屋上に防水工事を行いました。

現場住所 大阪府門真市
施工内容 雨漏り修理・防水工事・外壁塗装・屋根塗装

こちらの施工実績の詳細は下記をご覧ください。

【まとめ】雨漏りを見つけたらプロの業者にすぐ修理依頼を


今回は、雨漏りの原因がすぐにわからない3つの理由や雨漏りの修理をプロの業者に依頼すべき理由などについて、事例を交えて解説しました。
雨漏りは、建物の経年劣化や天候の条件などによって、あらゆる部位で発生する可能性が考えられます。一方で、雨漏りが発生したと思ったら上階の水漏れや結露が原因の場合もあり、とっさに雨漏りかどうかを判断することはまず困難であると言えるでしょう。
また、自分でできる雨漏りの対策や応急処置は限られており、雨漏り調査には専門的な知識や経験も必要になります。修理の方法も複雑なため、雨漏りを見つけたらプロの業者にすぐ連絡しましょう。
「業者選びに不安がある」「雨樋の修理と合わせて、雨漏りの調査を依頼したい」という方は、雨漏り修理の達人から腕利きの職人さんをご紹介します!

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問合せはフリーダイヤル0800-111-7270まで

メールでのお問い合わせ

雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ
また、ご自身でも雨漏り修理業者検索「雨漏り修理の達人」では、お住まいの地域別に多くの雨漏り修理専門業者を検索できます。地域の業者ならではのすばやい雨漏り修理ができるので、ぜひホームページから信頼できる雨漏り修理のプロを探してみてください。

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内