1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理

雨漏り修理の施工実績
work

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理

Before

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 施工前写真

After

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 施工後写真

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

横浜市金沢区の戸建て住宅にお住まいのお客様より、2階の天井から雨漏りがしているので修理をお願いしたいとご相談を頂きました。
現地調査を行ったところ、以前別の業者が屋根塗装を行った際にスレート屋根の縁切りをしていなかったのが原因でした。通常スレート屋根の塗装を行う際は、雨水の逃げ道になっている隙間を塗料で塞いでしまわないために、タスペーサーという道具やカッターなどで縁切りを行い隙間を確保します。それを行わないと雨水の逃げ道がなくなり水が内部に滞ってしまい雨漏りを引き起こしてしまいます。
調査の結果をお伝えしお客様と相談した結果、断熱性を維持しながらできれば予算を抑えて工事を行いたいとのことでしたので、カバー工法による屋根修理をご提案し工事を行う運びとなりました。

施工前の様子

こちらが施工前の大屋根の写真です。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 施工前写真横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 施工前写真

屋根表面が色褪せてシミができています。
先程冒頭でもお伝えした通り、スレート屋根には雨水の通り道が必要です。
それを塗料で塞いでしまうと逃げ場を失った水がスレート屋根にしみ込んでこのようになってしまいます。やがてその水分が下地にまで達し雨漏りが発生してしまいます。

今回は幸い下地には影響がなかったため、カバー工法で雨漏り修理を行います。

施工の様子

それでは、カバー工法による屋根修理の様子を工程ごとにご紹介します。

既存棟板金・貫板撤去

まず既存の棟板金と貫板を撤去します。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 既存棟板金・貫板撤去

ルーフィング新設

既存の屋根材の上から新しいルーフィングを施工します。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 ルーフィング新設

屋根材の隙間から仮に雨水が入り込んでも、このルーフィングによって二次防水をしてくれますのでとても大切な工程です。
ルーフィングにも耐用年数がありますので定期的にメンテナンスをしないといけません。

屋根材新設

続いて新しい屋根材を葺きます。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 屋根材新設横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 屋根材新設

今回は、稲垣商事株式会社から販売されているヒランビー220という屋根材です。ガルバリウム鋼板の横葺きの屋根材で、軽量でありなあら耐久性に優れたコスパがよいという特徴があります。
カラーバリエーションも豊富ですので、お客様のご希望で明るめの「ブライトレッド」をお選びいただきました。
また、ヒランビー220は断熱材をオプションで付けることができます。この断熱材は発砲ポリエチレンフォームで、独立気泡のため断熱と結露を防いでくれます。

雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

そして、今回は換気棟を設置しますので通気口を確保しておきます。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 換気棟のための通気口

この換気棟によって屋根裏の温度を調整し室内を快適な温度に保ってくれる役割があります。
通気のため穴があいているので雨漏りを心配される方もいらっしゃいますが、構造上あまもりしないような設計になっており、経験のある職人が施工すれば雨漏りすることはないためご安心ください。

貫板・棟板金新設

そして、貫板を設置します。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 貫板・棟板金新設横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 貫板・棟板金新設

この貫板は、棟板金に隙間があると雨水が入り込んで劣化し雨漏りを引き起こしてしまう恐れがあります。

昔は木製の貫板がよく使用されていましたが腐食しやすいため、最近では樹脂製の貫板が採用されることが多くなっています。
今回は、屋根材と同じ素材のガルバリウム鋼板を加工して製作した板金棟下地を設置しました。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 貫板・棟板金新設横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 貫板・棟板金新設

その上から棟板金と換気棟を設置し、大屋根は完工です。

雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

下屋根 カバー工法の様子

下屋根も大屋根同様カバー工法を行います。
下屋根は外壁との取り合いがあり、違う素材同士が接合しているため雨漏りしやすい場所の一つです。

雨漏りのリスクを軽減するためにも、取り合い部分はルーフィングをしっかりと立ち上げています。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 下屋根ルーフィング新設横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 下屋根ルーフィング新設

そして、大屋根と同じ屋根材のランビー220を葺きます。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 下屋根屋根材新設横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 下屋根屋根材新設

その後、隅棟に板金を設置し取り合い部分は雨押え板金を施工し、各所雨仕舞を行います。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 各所板金で雨仕舞横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 各所板金で雨仕舞

雨漏り修理の達人問い合わせフォームへ

カバー工法 完工

以上で完工です。

横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 完工横浜市金沢区でカバー工法による雨漏り修理 完工

見た目も美しくなり、もちろん雨漏りも止まっています。

今回の工事で改善したポイント

縁切りを行っていないのが原因で雨漏りを引き起こしていましたが、カバー工法による屋根修理を行いましたので雨漏りは止まりました。更に、ルーフィングも新調し各所にしっかり板金で雨仕舞を行いましたので、以前より防水性と耐久性が高まりました。

担当者からのコメント

何度もお伝えしていますが、スレート屋根の場合縁切りは必ず行う重要な工程です。
中には少しでも経費を下げようとしてこの工程をしない手抜き工事もいますので、屋根塗装を行う際は見積もりの項目に縁切りがあるか確認されることをお勧めします。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました!
今回こちらの工事を行ったのは横浜市のエフ・エス屋根です!
当社は雨漏り修理・屋根修理の専門店ですので、繰り返し発生する雨漏りでお困りならぜひご相談ください!

横浜市の雨漏り修理・屋根修理・屋根リフォームはエフ・エス屋根にお任せください!

会社の詳細については下の「この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ」をクリックしてご覧ください。

工事の概要

現場住所 横浜市金沢区
施工内容 カバー工法による雨漏り修理
施工箇所詳細 大屋根・下屋根全体
使用屋根材1 ヒランビー220

PROFILEこの工事は私が担当しました

横浜市の雨漏り修理の達人「エフ・エス屋根」

エフ・エス屋根 福田 隼(ふくだ はやと)

雨でも安心して暮らせる生活、安心して任せられる技術。
日頃お客様1人1人がどこに不安を感じていて、何を求めているのかを重視したコミュニケーションを大切にしています。

この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ

この都道府県のその他の施工実績

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内