1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 横浜市港南区でカバー工法による屋根修理と外壁の雨漏り修理

雨漏り修理の施工実績
work

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理と外壁の雨漏り修理

Before

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工前写真 横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工前写真

After

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工後写真 横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工後写真

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

横浜市港南区のお客様から、しばらく屋根のメンテナンスをしていないので点検をお願いしたいとご相談を頂きました。
現地調査に伺ったところ、屋根全体が劣化していてひび割れや破損が見受けられました。屋根材自体の耐用年数が迎えるころですので、塗装では改善しない状態ですのでカバー工法による屋根修理をご提案しました。
また、以前1階の和室と2階の寝室など各所から雨漏りしていたそうで、その際工務店にサッシ交換とシール工事などされたそうですが、原因がはっきりせずその後も雨漏りも改善しなかったそうです。あわせて雨漏り調査をさせて頂いたところ、以前の業者による外壁の施工不良が発覚しましたので、同時に雨漏り修理を行う運びとなりました。

施工前の様子

こちらが屋根の施工前写真です。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工前写真横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工前写真

既存の屋根材はアーバニーでした。この屋根材は、うろこ状のスリットが入った独特の雰囲気があります。ですが、スリットが入っているため割れやすいのがデメリットです。
写真の通り各所ヒビが入っていますので、塗装によるメンテナンスでは対応しきれないため、カバー工法による屋根修理を行います。

施工の様子

それでは、施工の様子をご紹介します。

既存貫板・棟板金の撤去

まず、屋根の天辺にある棟板金と貫板を撤去します。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 棟板金・貫板撤去

棟板金を固定している釘も抜け浮きがあり、それが原因で中の貫板が腐食していました。棟板金が問題で雨漏りをすることはよくありますので、定期的な修繕が大切です。

更に、塔屋との境目にある板金の下地も腐食が進行していました。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工前写真

ルーフィング新設

既存の屋根材の上から、新しいルーフィングを屋根全体に張り込みます。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 ルーフィング新設

今回使用したルーフィングは、田島ルーフィングの「PカラーEX」です。
カバー工法では、軽量な金属製の屋根材を使用することがほとんどで、耐用年数が30~35年あることから、それにあわせて寿命の長いルーフィングを使用したほうがよいです。もし、耐久性が低いものを使用してしまうと、屋根材は問題ないのにルーフィングが先に劣化してしまうことになり、雨漏りを引き起こす可能性があります。そうなると、屋根の葺き替え工事が必要となり費用が高額になってしまいます。

屋根の寿命はルーフィング材で決まる

屋根材新設

次に、ルーフィングの上から新しい屋根材を葺いていきます。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 屋根材新設横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 屋根材新設

今回使用した屋根材は軽量かつ耐久性に優れた「ヒランビー220」です。
コストパフォーマンスも高いので、当社でお勧めしている屋根材の一つです。

塔屋部分は緩勾配ですので、排出性に優れた縦葺きの「スタンビー455」を使用しました。

玄関屋根の施工

玄関部分には屋根があり、そちらも同様にカバー工法で修理を行いました。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 玄関屋根のカバー工法横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 玄関屋根のカバー工法

雨樋の交換

そして、雨樋も劣化が見受けられましたので、交換工事を行いました。
普段気にかけない部分ですが、屋根修理や外壁修理を行う際、雨樋も同時に点検を行うと劣化していることはよくあり、あわせて修繕を行うことは多くあります。
雨樋の劣化を放っておくと、雨水が適切に排出されず外壁からの雨漏りの原因になることがありますので、定期的なメンテナンスが大切です。

雨樋のオーバーフローは放置しないで!住宅に及ぼす危険性を解説

外壁の雨漏り修理

そして、外壁の雨漏り修理の様子です。
工事前に、防水テストをさせて頂いたところ、雨漏りの原因はサイディング外壁のつなぎ目部分に使用しているハットジョイナーの施工不良でした。
ハットジョイナーのボンドブレーカーを撤去して外壁を施工していたり、ハットを入れずにそのままコーキングを打っている箇所もあり、適切な施工が行われていませんでした。
それが原因で、外壁のつなぎ目がひび割れ隙間ができ、そこから雨水が入って雨漏りを引き起こしていました。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 外壁の雨漏り修理横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 外壁の雨漏り修理

以下の写真は、シーリングで補修されていますが、ひび割れてしまっています。
ひび割れている部分は、エポキシ樹脂で補修し、ハットジョイナーがない部分はハットジョイナーをいれでボンドブレーカーを貼った後、シーリングを行ってしっかりと補修を行い、その後外壁塗装を行いました。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 外壁の雨漏り修理

完工

以上で完工です。

横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工後写真横浜市港南区でカバー工法による屋根修理とと外壁の雨漏り修理 施工後写真

担当者からのコメント

今回屋根のカバー工法を行いましたので、耐久性が向上し雨漏りのリスクを軽減することができました。また、雨漏りの原因をつきとめ外壁修理を行いましたので、今後は安心してお過ごしいただけるかと思います。

屋根のカバー工法とは?特徴やメリットなどを徹底解説

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました!
今回こちらの工事を行ったのは横浜市のエフ・エス屋根です!
当社は雨漏り修理・屋根修理の専門店ですので、繰り返し発生する雨漏りでお困りならぜひご相談ください!

横浜市の雨漏り修理・屋根修理・屋根リフォームはエフ・エス屋根にお任せください!

会社の詳細については下の「この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ」をクリックしてご覧ください。

工事の概要

現場住所 横浜市港南区上永谷
施工内容 カバー工法、外壁の雨漏り修理、雨樋交換
施工箇所詳細 屋根全体、外壁ジョイント部、雨樋
使用屋根材1 ヒランビー220、スタンビー455(塔屋部分)
使用屋根材2 アーバントップΣ90(雨樋)

PROFILEこの工事は私が担当しました

横浜市の雨漏り修理の達人「エフ・エス屋根」

エフ・エス屋根 福田 隼(ふくだ はやと)

雨でも安心して暮らせる生活、安心して任せられる技術。
日頃お客様1人1人がどこに不安を感じていて、何を求めているのかを重視したコミュニケーションを大切にしています。

この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ

この都道府県のその他の施工実績

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内