1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 江戸川区で雨漏り修理・塗装工事・防水工事を行いました

雨漏り修理の施工実績
work

江戸川区で雨漏り修理・塗装工事・防水工事を行いました

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

東京都江戸川区で雨漏り修理のご相談を頂きました。
こちらの建物は、3階建ての築45年で2階が店舗になっており雨漏りで水浸しになっている状態とのことで、大変お困りのご様子でした。
現地調査をさせていたただいたところ、3階にあるベランダが怪しいかったため、散水調査を行いました。すると、2階に水が漏れてきたためベランダが雨漏りの原因と判明しました。ベランダには元々FRP防水が施されていて、以前FPR防水のメンテナンスを行われていました。現座は、防水層が劣化して壊れ内部にまで水が侵入している状態でしたので、すべて撤去し通気緩衝で防水工事を、また外壁や屋根の塗装が剥がれて防水性が低下していましたので、あわせて外壁塗装と屋根塗装も行うことになりました。

施工の様子

それでは施工の様子をご紹介します。

高圧洗浄

塗装を行う前に、外壁と屋根を高圧洗浄機をかけ古い塗膜や汚れを洗い流します。

江戸川区の雨漏り修理・外壁塗装・屋根塗装 高圧洗浄の様子江戸川区の雨漏り修理・外壁塗装・屋根塗装 高圧洗浄の様子

汚れや錆、苔が付いている状態で塗装をすると、塗料の密着性が弱くなりますので、隅々まで徹底的に除去します。

塗装工事における高圧洗浄の必要性

シーリング工事

次に、外壁材同士のつなぎ目に施工されているシーリングが劣化し亀裂が入っていましたので、打ち替えさせていただきました。

江戸川区の外壁シーリング工事の様子江戸川区の外壁シーリング工事の様子

今回の雨漏りの原因ではありませんでしたが、シーリングの劣化から雨漏りを引き起こすこともありますので、新しく打ち替えしました。

屋根塗装の様子

屋根塗装の様子をご紹介します。
屋根は瓦棒と呼ばれる金属屋根でしたので、ケレン作業で落とし切れなかった錆や汚れを除去し下地を整え、錆止め効果のある塗料で下塗りを行いました。

江戸川区の屋根塗装 ケレン作業の様子江戸川区の屋根塗装 下塗りの様子

下塗り塗料が完全に乾いたら、中塗りと上塗りを行います。

江戸川区の屋根塗装 中塗りの様子江戸川区の屋根塗装 上塗りの様子

今回使用した上塗り塗料は、日本ペイントの「サーモアイシーラー」と「サーモアイSi」です。耐久性が非常に高く過酷な環境でも長く丈夫な状態を維持できます。また遮熱塗料を使用した場合、屋根の表面温度を最大15〜20度にまで低下させることができますので、劣化を抑制し快適な室内環境を保つことができます。

屋根塗装で遮熱塗料を使うメリットと費用相場について

以下は別部分の屋根です。こちらも同様に塗装を行いました。

江戸川区の屋根塗装 下塗りの様子江戸川区の屋根塗装 中塗りの様子江戸川区の屋根塗装 上塗りの様子

使用した塗料は先ほどと一緒です。

笠木の修繕

ベランダの笠木の修繕の様子です。

江戸川区の笠木のシーリング工事 プライマー塗布の様子

板金同士のシーリングが劣化しボロボロの状態でしたので、隙間ができないようしっかりとシーリングを打ち直しました。

江戸川区の笠木のシーリング工事の様子江戸川区の笠木のシーリング工事の様子

腰壁などの手摺部分にあたる箇所は板金などでカバーされていて、この部分を笠木と呼びます。
板金でカバーすることによって、壁の内部に雨水が入らないよう防水されているのですが、板金同士のつなぎ目のシーリングが劣化しやすく定期的なメンテナンスが必要です。

そして、笠木部分も塗装が剥がれていましたので、塗装を行いました。

江戸川区の笠木塗装の様子江戸川区の笠木塗装の様子江戸川区の笠木塗装の様子江戸川区の笠木塗装の様子

外壁塗装

次に外壁塗装の様子をご紹介します。
屋根と同様に下塗り+中塗り+上塗りの3工程です。

江戸川区の外壁塗装 下塗りの様子江戸川区の外壁塗装 中塗りの様子江戸川区の外壁塗装 上塗りの様子

外壁に使用した塗料は、下塗り塗料は「パーフェクトフィラー」、上塗り塗料は「パーフェクトトップ」です。どちらも日本ペイントの塗料です。
ラジカル制御型の塗料で、一般的なシリコン塗料と比較すると高い耐候性があります。モルタルサイディングなどの外壁材はもちろんのこと、FRPやステンレス製の外壁材にも塗装が可能な上、コストパフォーマンスのよい塗料ですので当社でお勧めしている塗料の一つです。

ラジカル塗料の先駆け!日本ペイントのパーフェクトトップの特徴や評判を解説

ベランダ防水工事

こちらが雨漏りの原因箇所のベランダです。
既存の防水層をすべて撤去しカチオンで下地を調整しております。

江戸川区のベランダの雨漏り修理 防水層撤去の様子江戸川区のベランダの雨漏り修理 下地調整の様子

そしてプライマーを塗布した後、をベランダ全体に張り込みます。

江戸川区のベランダの雨漏り修理 通気緩衝シート施工の様子 江戸川区のベランダの雨漏り修理 プライマー塗布の様子

一般的な防水工事では、防水材を流し込む密着工法で行うことが多いですが、今回は下地のコンクリートにまで水がしみわたって雨漏りしている状態でしたので、通気性がある通気緩衝シートを張り、その上から防水材を流し込む方法で施工させて頂きました。こうすることで、通気性がよく湿気を外に逃がすことができるため、塗膜が膨れることもなく安定した状態を維持することができます。

更に湿気を外に排出するため、脱気盤を設置しました。

江戸川区のベランダの雨漏り修理 脱気盤施工の様子

更に、立ち上がりは防水材で塗装を行っております。

江戸川区のベランダの雨漏り修理 立ち上がりの防水塗装の様子江戸川区のベランダの雨漏り修理 立ち上がりの防水塗装の様子江戸川区のベランダの雨漏り修理 立ち上がりの防水塗装の様子江戸川区のベランダの雨漏り修理 立ち上がりの防水塗装の様子

立ち上がりは、紫外線や雨風の影響を受けやすいので、2度に分けてしっかりと塗装を行い、丈夫な防水層を形成しました。

最後に表面保護のためトップコートで塗装を行います。

江戸川区のベランダの雨漏り修理 トップコート塗装の様子江戸川区のベランダの雨漏り修理 トップコート塗装の様子

トップコートは、先ほど施工した防水材を紫外線や雨水から守る役割があります。
トップコートが劣化し剥がれると、直接防水材にかかってしまいますので、雨漏りにつながる危険性があるため、定期的なメンテナンスが大切です。

屋上の塗装

屋上は防水層の劣化がありませんでしたので、今回はトップコートの塗り替えのみ行いました。
まずは下地のプライマーを塗り、トップコートを2回に分けて塗装します。

江戸川区の屋上塗装 下塗りの様子江戸川区の屋上塗装 トップコート塗装の様子江戸川区の屋上塗装 トップコート塗装の様子

以上で完工です。

担当者からのコメント

今回はベランダからの雨漏りでしたが、防水層を一新し雨漏りが止まりましたので、今後は安心して店舗様の営業を行って頂けるかと思います。
その場しのぎの雨漏り修理を行って一時的に雨漏りが止まったとしても繰り返し発生します。雨漏り修理の原因は複雑ですが、しっかりとを特定し適切な修理を行うとが非常に大切です。

今回こちらの工事を行ったのは、株式会社SHPです。

株式会社SHP

当社は、国家資格である「一級塗装技能士」の持つ職人が在籍しており、雨漏り修理も得意としいます。良心的な価格と高品質施工を心がけておりますので、江戸川区や関東近郊で雨漏り修理や外壁塗装、屋根塗装をご検討ならぜひお気軽にご相談ください。

工事の概要

現場住所 東京都江戸川区
施工内容 防水工事による雨漏り修理・外壁塗装・屋根塗装・シーリング工事
施工箇所詳細 外壁・屋根・ベランダ・屋上・笠木・外壁やサッシの接合部分
外壁使用塗料 パーフェクトフィラー
パーフェクトトップ
屋根使用塗料 サーモアイシーラー
サーモアイSi
その他建材 サラセーヌ(防水材)

PROFILEこの工事は私が担当しました

株式会社SHP

株式会社SHP 田中 泰弘(たなか やすひろ)

「良心的な金額は当たり前。その上で高品質な工事を行う」ことを心掛けております。

この施工を行った雨漏り修理の達人の詳細プロフィールへ

この都道府県のその他の施工実績

北海道・東北の雨漏り修理業者


関東の雨漏り修理業者


北信越・東海の雨漏り修理業者



近畿の雨漏り修理業者


中国の雨漏り修理業者


四国の雨漏り修理業者


九州・沖縄の雨漏り修理業者


雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!雨漏り修理業者を症状に合わせてご案内!

※営業電話は一切いたしませんのでご安心ください。

お名前必須
ご自宅の住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の連絡方法任意
電話 メール
ご希望の職人案内数必須

職人の対応エリア・スケジュールにより、ご希望の職人数が案内できない場合もございます。

1人 2〜3人 4人〜
症状必須


PAGE TOP

LINEでかんたん
問い合わせ&職人案内